20140502-233839.jpg

東京はWe Are The Champion
名古屋はAll Found Bright Lights
京都にはガメオヴェラ!

ブっ飛び抜群の激キャッチー・メロディにポップ・パンクの疾走感、ハードコアのエナジー、メタルのリフを融合させてしまった!!

ポップコア?イージーコア?カオティックコア?メタルコア?

激しさだけではなく楽しさ、やりたい放題と思いきや隙のない面白さ!

(二代目女ボーカルちあきさん加入のデモ音源はこちらから⬇︎)

http://gameovera.bandcamp.com/album/reshaped-demo

puFF。ではインタビューさしてもらうときって、SNSをフルに使いコンタクトを取るんですよ

そして今回はガメオヴェラ!さんということで、松丼さんがコンタクトを受け取ってくださり、インタビューに答えていただきました!

ガメオヴェラ!が、松丼さんが色んな企画とか呼ばれる、
バンドに好かれる理由がわかった気がします。

稀に見る面白くて良い人です!

是非ガメオヴェラ!というバンドだけではなく松丼さんもチェックして頂きたいです!!

よろしくお願いします!!

ーーー

Q1

先ずはじめに、
バンド名独特ですよね、『ガメオヴェラ!』ローマ字になおすとGAMEOVERA、ゲームオーバーということで正しいでしょうか?どういう意味を込めて、ガメオヴェラ!と言うバンド名にしたんですか?

あと、
ガメオヴェラの今までどのように結成され、どのような経緯を歩んできたのかも教えてください。

ーー

ガメオヴェラ!は大学の音楽サークル(立命館大学NewMusic研究会)の同回生だった Gt.ヨシングヴェイ、Vo.松丼が中心となり
「メタリックなギターをフィーチャーしたポップパンク=ピロピロポップパンク/イージーコア」を掲げて2011年の秋頃に結成しました。

結成当初ボーカルは男声のみでしたが、しばらくして初代女性Vo.シェリーが加入し、以降ツインボーカルで活動しています。

ちなみに現在のメンバーはサポートも含め、全員がNewMusic研究会出身です。

お恥ずかしい話ですが、バンド名に込めた意味とかは特にありません!

サークルの部室でバンド名を決める話し合いをしている時、
たまたま居合わせた先輩に提案されそのままバンド名にしました。

「ガメオヴェラ」の元ネタは「ゲームセンターCX」というテレビ番組です。番組はお笑い芸人の有野晋哉(有野課長)がレトロゲームのクリアに挑戦するというものなのですが、ゲームオーバーになった時に表示される“Game Over”の表示を見て有野課長が「ガメオヴェラや…」と呟いた番組の名場面に由来します。

漠然とカタカナのバンド名がいいなと思っていたのと、他とは絶対に被らないという点ではこれ以上のものはなかったと思います。

ーーー

Q2
この質問はどうかと思ったんですが、正式なドラマーが居ず、サポートドラマーでのバンド活動はたしかに難しい部分ですね、

「働く人を応援します!」ってことをTwitterでつぶやいているのを見たのですが、
みなさんは普段なにしている方達なんですか?答えれる範囲で教えてください。

ーー

Vo.ちあきとBa.66は大学生で、Vo.松丼とGt.キムGは所謂フルタイムの仕事をしています。

Gt.ヨシングヴェイは真のギターヒーローを目指し日夜奮闘中で、ガールズメタルバンドに楽曲提供をしたり、大阪のメタルコアバンド・fate in spiralでギターを弾いたりもしています。

ちなみにサポートドラマーの久米さんはドラム講師をされています。
こんなところで言わせていただくのも申し訳ないですが、正規ドラマー募集中です!

サポートだけでも結構ですので我こそはという方はご一報ください!切実です!

20140502-233602.jpg

ーーー

Q3
松丼さんにお聞きしたいんですが、

ガメオヴェラの物販のお話ですが、

”#PRFMCULT,, という自分だけのマーチを作ってるのはどうしてですか?笑
販売はしないんですか?
普通にムッチャ欲しいですけど笑

ーー

意外な質問にびっくり&ありがとうございます!

#PRFMCULTはガメオとは関係なく、Perfumeファンの僕がひとりで作ってひとりで満足しているPerfumeの”同人マーチ”です。

Perfumeへの信仰心を他の人とは違う方法で示すために作っているのですが、完全なる自己満足です! 笑

有難いことに「欲しい!」と言ってくださる方もいらっしゃるのですが、権利関係完全無視のため販売はしていません。材料費さえいただければ作ってプレゼントします! 笑

なお、ガメオヴェラ!のマーチも販売に向けて少しずつですが動いています。
リップオフものではなくオリジナルのデザインになる予定ですので、引き続きチェックをお願いいたします!

20140502-233544.jpg

ーーー

Q4
チアキさんはどんな経緯で加入が決まったんですか?

チアキさんはどんな人ですか?

ーー

初代女性Vo.シェリーの脱退が決まった後に女性Vo.の募集をかけたのですが、そこに応募してきたのがちあきでした。

ちあきはNewMusic研究会の部員だったので彼女のことを知らないわけではなかったのですが、バンド活動に積極的なタイプには見えなかったのでかなりびっくりしたことを覚えています。

一応のオーディションをして、すごくイケてたのでその場で加入をお願いしました。

バンドに馴染んでもらうのには少し時間がかかりましたが、今では僕たちが誇るフロントマンとして頑張ってくれています。

ちあきは所謂”アホの子”です。

手に持っている切符を失くしたと言って探し回ったりとか、そういう漫画のようなことを本気でやります。

あと、大勢の前で上手く喋れない(本人主張)ため、最近はライブのMCをスケッチブックでするようになりました。物販などではちゃんと喋りますので、是非ちあきをイジってあげてください。

ーーー

Q5
男女ツインボーカルピロピロイージーコア/ポップパンク Kyoto City Shred Easycoreズタズタに裂くイージーコアだと略しました、
面白いですね、たしかにメタルなギターのリフひとつとっても、チアキさんの声も金切声に近いハイトーンパートだからかな?と自分の中で解釈しましたが、
ガメオヴェラ!が言う”Shred Easycore,,とはなんですか?

ーーー

外国の方に「ピロピロポップパンク/イージーコア」を説明する時に何と言えばいいのかなーと考えたことがあったのですが、
そんな中でサークルの後輩にピロピロしたギターフレーズやメタリックなギターリフのことを英語で“shred”と言う旨を教えてもらいました。それが凄く気に入って、それ以来自分たちの音楽を英語では“Shred Easycore”と表現することにしています。

余談ですがこの“Shred Easycore”というフレーズでステッカーも作りました。物販にて無料配布していますので、是非チェックしてみてください!

ーーー

Q6
どんなバンドの影響を受けてガメオヴェラ!の音楽性を作ったんでしょうか?

ーー

僕たちは「メタル」という一応の共通点はあれども、好きなバンドやジャンルがバラバラなので、どんなバンドの影響というのを決めるのはかなり難しいです!
強いて言えば、サークル時代にGt.ヨシングヴェイとVo.松丼がコピーをしていた”A Day To Remember,,はガメオ結成のきっかけにもなりましたし、お手本にもしている大好きなバンドです。

あとは僕たちがサークル時代にコピーしてきたたくさんのメタルバンドが糧になっているように思います。

ーーー

Q7

以前キバオブアキバの弟分として紹介されたのを目にしましたが、キバオブアキバとはどのような付き合いで、どのような人たちですか?

ーー

キバオブアキバはサークルの先輩、同回生、後輩で構成されているバンドなので「サークルの仲間」という感じです。

サークル時代は様々なコピーバンドを一緒にやりました。
楽曲のイメージそのままの面白い方々です!

ーーー

Q8
普段僕は大阪のライブハウスによく行くんですが、ガメオヴェラ!さんは京都がホームとして認知していますが、
同じ関西として京都のライブハウスシーンはどんなバンドやジャンルが盛り上がりを見せているんでしょうか?

ーー

僕たちがこんなことを言うと「生意気だ!」と怒られてしまうかもしれませんが、京都には素晴らしいバンドがたくさんいて、
それぞれがそれぞれのシーンで大成功されているのですが、そのことによって京都に何らかの特別なシーンが形成されたり、特定のジャンルが他所と比較して盛り上がっているということは無いように感じます。

京都で面白い・独特のものが生まれて、それが別の土地を介して大きくなり、その後京都に錦を飾るというイメージがあります。

なので、京都は”育つ”土地ではなくて”生まれる”土地なのかもしれません。

ーーー

僕の大好きな質問なんですが、
これは聴いてくれ!ってアルバム3枚教えてください!
難しければ最近聴いてる3枚でもかまいません!

ーー

凄く難しいご質問!選び難い!めちゃくちゃ悩みます! 笑
では、僭越ながらバンドを代表してVo.松丼が独断と偏見で2013年の個人的ベスト3枚を選ばせていただきます!

・Misery Signals「Absent Light」
・The Wonder Years「The Greatest Generation」
・Perfume「LEVEL3」

今iTunesを確認したところ2013年の作品ではこの3枚に収録されている楽曲の再生回数が圧倒的多かったです!特に「LEVEL3」は現在・過去・未来において最強の1枚です。異論は認めません!すみません!

ーーー

Q10
この記事を見ている方達になにか伝えたいがあればご自由に伝えてください!!

ーー

いつも僕たちを温かくサポートしてくださる皆様に心より感謝申し上げます!内気で間抜けな僕たちがどうにかこうにか活動できているのも全て皆様のサポートあってのことです。ありがとう以上の言葉があればいいのに…

今年はライブの本数も増え、夏までには新しい音源も発表する予定です。

「ガメオちゃん」と親しみを込めて呼んでくださる方をもっともっと増やしてゆくために精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします!

是非またライブハウスで会いましょう!ヨシンギーがドリンクをご馳走してくれますよ! 笑

ーーー

この映像は昨年7月に行われたRomantic Nobita Records×NewMusic研究会企画の時のものです。セットリストは以下のとおりです。

  1. Plasma(Intro)
  2. Get Shorty
  3. Contra Code
  4. Jocks.Geeks.Lifehackers.
  5. Versus The Weekend
  6. Electric A.I.
  7. Be Careful When You Right-Click

もう演奏しなくなってしまった曲やアレンジが変わった曲がありますし、自分たちで言うのもおこがましいのですが、この頃に比べて今の僕たちは何百倍もパワーアップしていますので、是非ライブで新しいガメオを観ていただきたいです!カムカムミニキーナ!

ーーー

ガメオちゃんって愛称で呼んであげてくださいね!もうすぐGold Rush!

カムカムミニキーナ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中