IMG_1813.PNG

http://marchofdeer.tumblr.com

IMG_1809.JPG

2014/ 11/29(土)奈良NEVERLAND asayake no ato

she might be swimmer

does it float

the PARTYS

by the end of summer

nogal

IMG_1804.JPG

2014/10/4
March Of Deer Vol.2@生駒RHEB GATE

アルソコニ/sans visage
/Nostalgic four past and Cigarette end
/Ballpark figure/zdzis law

IMG_1803.JPG

2013/10/5
March Of Deer@奈良NEVERLAND

WEIRD
/Nostalgic four past and Cigarette end
/ my dear come/ Choir touched teras chord/SHORTSTORY/岡崎体育(O.A.)

僕みたいな社会的外れもんを、ライブハウスですら仲間外れにすんのはヤメテ下さい。泣

それではでは!!
自己紹介を宜しくお願いします。

はじめまして、奈良に住む非正規の存在、きんた君と申します。

本名は三宅というのですが、高校の頃ふざけてハンドルネームで使い始めた”きんた君”という名前が若干ひとり歩きしているので、きんた君で大丈夫です!

不定期で『March Of Deer』という個人企画を奈良でさせて頂いてます。

今回、一応イベンターという体でインタビューをおこがましくも頂いたのですが、自分がイベンターだとは全く思ってないです…。

音楽好きのただのオッサンです。

そんな僕にインタビューするpuFF。はイカれた素晴らしいサイトだと思います!(disではないですよ!)

企画といえば主催者のきんた君の音楽趣向が大きいですよね、きんた君の音楽遍歴を教えてください。

バンドというものにハマったのはいつですか?

原体験レベルで言うと、両親がドライブの時流していたサザンオールスターズ、桑田佳祐さんが初めて好きになったバンドです。

詳しくはないけど、今でも桑田さんの音楽は好きです。

小学生〜中1くらいの頃は、175RとかORANGE RANGEとか、クラスのイケてる奴が好きな音楽を僕も好きでした。

イケたかったので。イケれませんでしたが。。

中2でアニメのハガレン(鋼の錬金術師)の影響でアジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)にハマったのが、意識的に音楽を聴くようになったきっかけです。

そのつながりでELLEGARDENにハマり、流れでHi-standardに行き着きます。後はしばらくメロコアどっぷりでした。が、怖かったのでライブには行きませんでしたw

ブックオフでハスキン(HUSKING BEE)のCD買ってました…。
そして、高校ではRIDDLE、SHORT STORY、VELTPUNCHにハマります。この三バンドから、派生してエモ、オルタナティブ、アンダーグラウンドなメロディックパンク等、様々な音楽に興味を持つようになりました。

大学入ってから暫くして、snuffy smileのバンドや、90年代のEmo、そして、それらに影響受けた現行のバンドをボチボチ漁るようになります。

「ロキノン生まれメロコア育ち、行き着く所はだいたいEmo」って感じですね。

今では、ロキノン系のメジャーなバンドから、アングラなバンドまで無節操に色々聴いてます。

あ、あと最近は日本語ラップにも興味がありますね。

Meach of deefが始まったきっかけを教えてください。

大学の卒業制作です。

うちの大学はちょっとおかしい学校だったのでw
「どうも、ライブイベントを卒制にした先輩がいるらしい、なら自分もやってみよう!」的なのが始まりです。

個人企画は前からちょっと興味はあったのですが、いかんせん自分から何かするタイプじゃないので…。

いいキッカケでした。

またMeach of deefのコンセプトを教えてください(タンブラーにも載ってますけどね!)

『奈良』というローカルエリアから面白い音楽イベントを発信していこうというのがコンセプトです。

具体的には、奈良にあまり来たことのないバンドとお客さんが、奈良で根を張ってるバンドや、奈良のライブハウスを愛するお客さんと交わる場を作れたらいいなと思っています。

Twitterでも書いたのですが、奈良のシーンをスープに例えると、それをグツグツ煮込んで熟成させるのは、地元のライブハウスとバンドの仕事だと思うんです。

そこを、ちょっとかき混ぜたり、味付けしたりっていうのが、僕みたいな企画を始めたお客さんの役割……というか、出来ることかな、と。

それが奈良という地方で企画する意味にもなってくると思いますし。

なんにせよ、外から見て「奈良めちゃ面白いね!」って言わせられるモノを目指してます。

ナマ言ってすんません。

今までvol.1.vol.2と開催してきましたが、実際に開催してみてどうでしたか?収穫したもの、失ったもの、どういったものでしたか?

失ったモノはカネですね。

Vol.2終わったとこなんですが、人生の底というくらい金がないです、今。

世の中結局カネや!カネ!!爆

でも、あとは収穫というか、得た物が多いです。

ベタですが、単純に人との繋がりとか…。カネは無くなりましたが、金で買えないものは色々得たと思います。不思議な話です。

僕、めちゃくちゃコミュ障なんですよね。バンドの物販行っても

「あっ…よ、良かったッス」

以外喋ることねぇ!みたいな。そんな自分が、例えばですが、Nostalgic four past and Cigarette endの皆さんとか、asayake no atoのササヤマさんとか、バンドマンの人と親しく喋れるようになる日が来るとは思ってもなかったです。

そんな訳で、こんな僕ですが企画始めないと、話したり、友達になれなかった人が沢山います。

まぁ、それでも繋がり少ない方だと思いますけど…。

あと、「けっこうバンドって呼んだら来るんや!」みたいな。そういうのが分かりました(笑)

勿論、精一杯熱意は伝えますし、簡単な事じゃないですが。不可能な事ではなかったりします。

みなさん、地元に来て欲しいバンドが居れば、俺が呼んだる!くらいの勢いでどんどんやったらイイのになぁと思います。僕で出来ることなんだから、気合い入れたら誰でも出来ますよ。

Vol.1もVol.2もかなり最高の日になりました。

主催者の贔屓目?いや、そんなことはないと信じてます(笑)

3回目となったMeach of deefは、出演バンドのラインナップも数にも、まず驚いたんですが、、、出演バンドを呼ぶとき、きんた君の中のアンテナはなにを示しますか?
バンドの選び方に基準みたいなものはあるんですか?

基準は特にないです。申し訳ありません。。

ほんとに、ライブや音源をチェックして、直感的にカッコイイと思えるかどうか。身も蓋もない事を言うと、僕の好みじゃないバンドは呼びませんw

ただ、Vol.2とVol.3はそれぞれコンセプトを設けていて、Vol.2はよりハードコアやアンダーグラウンド色の強い感じに、Vol.3は歌モノやメロディアスな要素の強い感じに、となってます。

なので、そのコンセプトにある程度沿うような形でバンドさんに声をかけさせて頂きました。

まぁ僕と音楽の好みが近そうな人達はだいたい誘いたくなります(笑)

あと、泥臭さとか根本的にモテなそうな感じとかも重要視してます(決してdisではありません!)

バンド側からやりたい、と逆オファー的なものはありますか?

逆オファーまではないです!笑

でも、お誘いしてダメだったバンドから「次もあれば声かけて下さい」とか「出たかったのですが…」とかはあります。お世辞でも嬉しいです。

電話で連絡をわざわざ下さった方もいて、気遣いとか凄く嬉しかったです。

なんか話ずれましたね、
すいません。

Vol.2とVol.3の両方にきた人のみ特典でコンピレーションアルバムを配布するようですが、本当に人生かけてる方だと、まだ付き合い浅いんですが僕は感じてますよ、
色々いますよね、回数重ねるだけ重ねて蓋を開ければ身内ノリ、酒が飲みたいだけの空気感。別に人それぞれなんすけどね、僕はきんた君のイベントを知ったのはChoir touched teras chordが出演するということからでした、

vol.1.vol.2と開催してきた中でおもしろかったエピソードを教えてください。

人生かけるって言うと大袈裟ですが、意外と一つのことにガーッと行っちゃうタイプなので。そうと言えばそうかもしれません。現状フリーターなのに、就活より企画やってますからね。確かに人生かけてるかも(血涙)

ちょいあーを呼んだ1回目から知ってて下さってたのは感謝しかないです!ありがとうございます。

そう、おっしゃる通り、身内ノリ的な雰囲気とか、飲んで暴れて終わりみたいな…。そういう空気は僕も全然好きじゃないです。

音楽を聴きたいという欲求、音楽を演奏したいという欲求が中心にあるなら良いんですが…。

あと、単純に身内ノリやられたら、観たいバンドが出ててもライブハウス行きづらい(笑)僕みたいな友達少ない奴は特に!

そりゃ、ノルマとかあるから友人を呼んだり、またはライブハウスにバンドマンがたまるのは当たり前ですが。もうちょい配慮して欲しいですね。

一部の人がライブハウスを私物化したり、それをあるイベントや、または箱全体が助長してたりするのが事実としてあるなら、ホントにクソだなと思います。

あと、決まったお客さんと、決まったバンドがたまるだけのライブハウスって何がしたいんすかね?

明確な意図があって間口を狭くしてるなら全然イイんですけど…。

ライブハウスはある意味で危険な所(なんか変な奴おるな的な)でもあって欲しいけど、同時に誰にでも開かれる場所でもあって欲しい。

何と言うか、僕みたいな社会的外れもんを、ライブハウスですら仲間外れにすんのはヤメテ下さい。泣

話がまたズレましたね。

Vol.1の面白エピソードは、SHORT STORYのNo Hopeで企画者が号泣。

完全に灰色の高校時代フラッシュバックでした。

Vol.2の面白エピソードは、帰り際のsans visageのカミヤマ君の声がカッスカスになって会話もままならなくなってたこと。

そのサンビザ、遠い所を鈍行電車で10時間かけて来てくれたってのもパンチ効いたエピソードです。

本当にありがとうございました!

奈良もすごくいいバンド多いですよね、Lostage、Re.view、Ray、my dear come、、、奈良のバンドシーンって大阪や京都と比べるとどんな部分が特殊だと思いますか?

あと奈良のおすすめのバンドを教えてください!

奈良はホントに良いバンド多いですよ!絶対数は少ないですが。

特徴…、なんでしょう。

大阪や京都ほどシーンが確立されてない気がするので、ちょっと難しいですが。。

皆、意外と硬派だと思います。まぁ軟派なバンドもいますけどw

やみくもに流行りを追っかけるんじゃなく、自分達のルーツとしっかり向き合って音楽を作ってる人が多いように思います。

そういう姿勢が垢抜けない田舎バンドとdisられると、ある意味では正しいのかもしれませんが、そんな事を思うようなバンドより遥かにカッコいいライブをするバンドが奈良には沢山いますよ。

あと、大体みんなLOSTAGEが好きです。影響力は大きいと思います。THROAT RECORDSもありますし。
奈良のオススメバンド…。そうですね、色々いますが、ここはまず、企画の一回目にも出てもらったWEIRDを推させていただきます!

ざっくり説明すると、よりEmo色の強いLOSTAGEのようなイメージの音楽を想像して下さい。

とにかく、ライブが半端じゃないです。Baの向井さんはネバランのブッキングもされてて、ホントにお世話になってます。

あと、若手だと、二回目に出てもらったアルソコニが100%これから来るのでチェックしてみて下さい。

既に来てますが、Age factoryも化け物クオリティーです。

名前も出されてるmy dear comeは、奈良どころか、関西で唯一エモリバイバル系のサウンドを独自解釈して鳴らしてるバンドだと思ってます。

最後に、11/29のVol.3に出るthe PARTYSを。ガーリーでキュートなイメージが先行してますが、実はよく聴くとエモとかハードコアとか好きな人からしても楽しめる音を出してます。ギターがとくにぶち込み系ですごいです。

是非見に来てください!笑

Q10
これからの野望を教えてください!

March Of Deerとしての野望は特にないです!すいません!w

あんな奴らには負けねぇっていう憎しみに満ちた負けん気には溢れてると思うのですがww

ほんとに、基本は好きなバンドを呼んで、お客さんと楽しくやれたら良いなーってくらいです。

その中で、あのバンドいつか呼んだる!とか、集客100人いきてぇ、とかはありますけど(笑)

あとは、前の項目で書いた事と被りますが、野望というより、企画としてバンドの組み合わせとかで音楽的な面白さを追求していきたいです。
繰り返しですが、「お!奈良すごい面白いね!」って言ってもらえるような。

…まぁ企画が大きくなれば、出来ることも増えるし、お客さんが来れば僕の負担も減るので。そういう意味では、野望じゃないですが、MODが成長して名前に箔がついたら良いなとは思いますけどね。笑

こんなこと言って、Vol.3で止まるかもしれないので。それはカッコつかないし、とにかく続けるのが今は目標です。

その中でやりたい事を少しづつ叶えていきたいです。

きんた君の名盤、名曲(何枚でも何曲でもかまいませんよ。)

何枚でもと言われると際限ないので、ほんとに絞って選びます!

「君繋ファイブエム/ASIAN KUNG-FU GENERATION」

やっぱこれは外せません。なんやかんや、アジカンはこれです。それは、未だに彼らのイメージを縛り付けてるとも言えますけど…。
日本語エモーショナルの名盤です!
“未来の破片”のゴッチのボーカルがやばいです。全然出てない裏声とかくっそエモい!

「a huge mistake/VELTPUNCH」

スリーピース時代のベルパンは独特の気だるさがあって好きです。どうにもならなさとか、焦燥感みたいなものが詰め込まれたアルバム。

僕も好きな子の手を握ってあったけぇとか100%ねぇなとよく絶望してました。

「save my summer lights/Passive Chord」

僕、このアルバム大好きでして。

たぶんここ1年くらいで一番再生してます。
思春期の頃の傷口に塩を塗られるような、キラキラしていて、甘酸っぱくて、どこか切ないメロディックパンク。
なんか、基本的に僕は自身の青春コンプレックスをくすぐるものが好きなんです。…ドエムなんすかね?

名曲
「Ticket out of loserville/Son Of Dork」
ここいらで洋楽からも選んでみました。彼らはアイドルバンドとレッテル張りされてますが、この曲、個人的にはbasket case以上のポップパンクアンセムです!
また活動してくれ〜

「In The Brightly Moonlight/Hi-standard」
ステイゴールド選ばん辺りがツウ気取りでしょw
スウィート過ぎるメロディーと、ギターソロがたまらんです。歌詞も超胸キュンなんですよ…。

「銀河鉄道の夜/GOING STEADY」
これカラオケでムッチャ歌います。歌詞、メロディー、全て最高。何げに、この曲が入ってるアルバム”さくらの唄”って録音エグいですよね。古今東西こんな激しくてロマンティックな音のアルバムないです。…あ、なんかアルバムの話になってしまった。

なんか、偏った所をベタにセレクトしましたが、もっともっとあります!もっとマニアックどころも紹介したさ。最近はSHIPYARDSとか超好きです。

そのへんは、お会いする時があれば存分に語らい合いましょう!笑
僕にも音楽教えてください!

では最後にこのインタビューを読んでる皆様にメッセージを!

puFF。さんインタビューありがとうございました!

まさか、自分がインタビューを受ける立場になるとは思いもしませんでした。

ここまで読んでくださった方、普通に「おめぇ誰だよシバクぞ」って感じだと思うんですが。

まぁこんな事考えて田舎でシコシコ企画してる奴も居るんだな、くらいに思って下さるとありがたいです。

てか、そんな企画やってるてレベルでやってないと思います。

イベンターでもなんでもない、普通のオッサンです。

なんか、完全に音楽好きのジジイの小言みたいなインタビューにお付き合い下さりありがとうございました!

そして、良ければ11/29のMarch Of Deer Vol.3@奈良NEVERLAND、遊びに来て下さい!助けてください!笑
や、本当に面白い日になるのは保証しますので。

一応メンツ書くと、

asayake no ato(レコ発)、she might be swimmer(東京)、does it float(東京)、the PARTYS、by the end of summer、nogalが今のところ決まっております。凄いですね!

予約は、Twitter(@March_Of_Deer)にリプライか、
kintakun38@gmail.comまでメール、または各出演者に連絡を!

…それでは、これを読んでくださった方とライブハウスでお会い出来ることを楽しみにしてます。

レペゼン奈良、俺がきんた君だ。よくチェックしとけ!ピース(ラッパー風)

彼との出会いはガタカだったかな、本当出会いだけでしたが…、笑

彼は裸体のTシャツを着て、チラチラと目線を感じで話しようか、しまいかこちらも話しようかしまいか悩み、結局お互いその場を後にするんです。

えっと…、それだけです笑

なんかイイなと思う人なんですよ。
グッとくるんすよ。

誰かに対して「エモい」とか感じる時、それはどの曲の感じに似てるかと聴かれたら彼がMarch of Deefで呼んでるバンドさんみたいな雰囲気の音なんすよね笑

そのままなんですよね、

なんか背伸びしてないし、気取ってないし、そのまままっすぐなイイなぁとおもう人です。

タイトな洋服にメイク・ピアス・アシメな黒髪8:2分けスタイルのエモボーイはただのファッションで、
Weezerの青盤のようなジャケのイケテナいサエない感じ、彼こそが正真正銘のEMOボーイだよ(disってないですよ!)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中