elk

IMG_2875

1,follow your emotion
2,egoistic fantasy
3,my story

IMG_2704

1,light of life
2,live in my memory
3,free
4,Good bye,Good night
5,Days of our lives

IMG_2876

elkjapan2012.wix.com/elk-official

ーーインタビューお受けいただきありがとうございます!宜しくねタッちゃん!
基本的な部分からなんですけど、認知へとサポートできたら嬉しいです。
ではelk、自己紹介と、メンバーの自己紹介してください!

はい!ありがとうございますT_T!

gt/voのtatsuyaです!!
今回はよろしくお願いします!

メンバー構成は
gt/vo tatsuya
ba/cho sulley
dr/cho shige
の合計3人で活動しているバンドです。

音楽的なジャンルでいうところのEmoだったり、メロディックに影響を受けた音楽をやっています!

2ビートみたいな速い曲は無いんですけど…、グッドメロディだったらそれでOKて感じです!

ーー確かにメロディックであるけどモッシュとかはなさそうですねw
けど、emoに影響公言してるとおり、そこがelkの良さではないか!と思ってます。はい、思ってます!

あったかくて、なんか好きになるメロディーを持ってますね!

例えばelkを始めた当初、現在新しい音源出したelk、自分たちがなりたいバンド像ってどのようなものですか??

ありがとうございます!!

そうですよね、僕自身暴れたりして音楽を楽しむ人間ではないのでそれを僕らの曲でお客さんに求めるのも違うのかな…と思ってます(笑)

なので、もっと違った方向で観ている人に訴えかけていけたらと思っています!

それに関してはまだ僕らも模索中なんですが…今ツアー中なのですが、このツアーで何か見えてくると信じて頑張ってます!

elkを始めた当初は宇都宮のBreaking First Entertainer みたいなバンドがやりたいね!って感じでした!

大学時代の先輩に教えていただいたバンドなんですけど、メンバー構成も同じでしたし、何よりかっこよかったので色々参考にさせていただいたバンドです!

基本的にグッとくる雰囲気のオケに綺麗なメロディーが乗っているバンドが好きなんですよね…maeしかり、dream stateしかり…jimmy eat worldも大好きです!
なので、音楽面ではそういったバンドに憧れを持って曲作りをしています。

バンド像ですか…基本は今のやり方で地道にカッコいいバンドになっていくしかないかなと思ってます!

必死でいい曲を書いて、ライブをして、僕らのことを気に入ってくれる人を1人ずつでも増やしていって…。

音楽は1人でやってても楽しいものですけど、やっぱり自分が作ったものが人に響いた瞬間っていうのはとてもやり甲斐を感じますので、そういう大切なことを忘れないようにしたいです。

売れる売れないも、
結局そういうことかな。。。と僕は思っています、青臭い考え方かもしれませんが…。

そのために今、新しい音源を出してツアーを回っています!

ーーあー、美エモとかからのメロディックですか!

スタジオライブのとき僕はelkにパッと見「素朴」で、本当に「等身大」って言葉が似合ってて、本当に「人柄が音に出てるな」って印象を持ちました。
elkの音楽って『寄り添うメロディック』ですね。

メンバーの皆さんとの出会い、elkへの結成への経緯ってどんな風な感じでしたか?

はい!そういった美エモと日本のメロディックを平行して聴いてる感じですかね…LOCAL SOUND STYLEとかEGNISHとか他にも色々!

僕はあんまり虚勢を張るのが苦手で、というかどの道そういうのってすぐバレてしまう様な気がしてなるべく普段通りの気構えでライブしようと思っています。

だからこそ普段から「しっかりしてなきゃな、」とは常々思ってますが、「まだまだ、」って感じなので修行中です(笑)

日常を送っている中から出てきた曲や詩をライブで歌っているのに、日常からかけ離れ過ぎた雰囲気を作るのも少し違和感がある気がして。

もちろん手抜きでダラダラやるのとは違うんですけれどもね!

メンバーとは大学時代に知り合いました!

ドラムのシゲちゃんは大学の同期で、ベースのサリーさんは一つ上の先輩です。
大学の軽音サークルで、グリーンデイとかCastevetをコピーして遊んでました(笑)

好きな音楽の方向性が似ていたので、結成は自然とって感じです!

ーーそのままのタッちゃんでいいと思います。なんかあの日つぼみの握手会の話とかバンドの話とかつぼみの握手会の話とか聞いてたとき、僕は普通にタッちゃんと友達になりたくなりましたよw

お恥ずかしい話をwwww
握手会の話って2回言ってますしww
いえいえ、こちらこそ仲良くしていただきたいです!

実はこの前の京都がツアーに出て1箇所目だったのですが、いきなり楽しい空間で1日過ごせたのでとても嬉しかったです!京都って場所に対してすごくいい印象を持って帰って来れました。

本当にありがたいです!

ーーまたあの話聞かせてくださいねw
楽しかったですね!あの日お客さんじつはイベンターさんとかバンドマンが多かったんです、けど「elkいいな!」ってよく耳にしましたよ!

以前の1st mini album
「SEEDS FOR HARVEST」
からの今作1st E.P
「follow your emotion E.P」

どのくらいスパン空いた作品なんですか?

はい、今度またゆっくり(笑)
そうだったんですか!本当に京都行ってよかったです…T_T

SEEDS FOR HARVESTは2014年の2/23にレコ発したので、今作のE.Pレコ発(2015年1/12)までおよそ1年くらいスパンが空いてます!年に一枚出せてるので、いいペースだと個人的には思ってます!

ーーなんかもうelkらしさってのは確立してますよね、それってすごいことだと思います。

今作”follow your emotion E.P,,自分たちにとってどのような作品になりましたか??

僕は”follow your emotion ,,ってタイトルはelkのテーマじゃないかなと思いました!

ここ1年くらいで色々固まってきた感はあります…。活動の拠点も東京の高田馬場という土地で腰を落ち着けてやって行こうって決めましたし、今作のE.Pも手探りで曲を作っていた前作と比べると自分で作りたい方向に持っていけたかな…。とは思っています。

メンバーからも前作より曲良くなったねなんて(笑)

個人的な話になるんですけど、割と自分に正直ではない時期が続いた時があって…まぁ色々あったんですけど、そういうのって自分も周りも幸せじゃないな、と気付いた時があって。だから音楽やっている時くらい、自分の気持ちや感情に従って生きていけたらと思って付けたタイトルです。

Emo好きなので、軽々しくemotionて単語使うことに抵抗はありましたが(笑)
それでも前述の様な背景があって、「自分の感情や気持ちを大事にしたらどう?」ってのがCDのタイトルにもなってる1曲目の内容です!

ーー「自分の感情や気持ちを大事にしたらどう?」
これってすごくいいですね!

東京の高田馬場という場所はどのようなバンドがホームにしていて、どのようなシーンなんでしょうか?

elkは高田馬場にあるCLUB PHASEというライブハウスでお世話になってるんですが、僕らが活動を始めた頃からずっと面倒を見てくれてるブッカーさんがいて。最初はシーンありきとかではなくて単純にその人と一緒にやっていきたくて出演していました!

最近は箱のスタッフさん達にもすごく世話になってて、恵まれた環境で活動させてもらってます!(今回のE.Pも箱のPAさんに録ってもらったんです…!)
他に高田馬場を拠点にしているバンドだとMorbid Slothによくお世話になっています!

出演しているバンドは割と幅広くてジャンルレスな箱ではあるんですが、僕らはよくメロコアや歌モノ、パンクのバンドと対バンすることが多いです。

まだシーンと呼んでいいものかはわからないのですが、とても好きな場所です。

僕らが頑張ることでもっとこの輪を大きくしたいなと生意気ながらに思ってます!

ーーツアーのライブハウスのセットリストは1.18のFrom a smalltown vol.0スタジオライブの時とは違う感じだと思うんだけど、スタジオライブのときのセトリ教えてもらっていいですか??

この前のセトリは
1,light of life
2,live in my memory
3,follow your emotion
4,egoistic fantasy
5,days of our lives
です!

3,4曲目がE.Pからで、他は前作のSEEDS〜に入ってます!

ーーそう!先ずあの日配布用として頂いた”egoistic fantasy,,あの曲本当好きなんすよw

1番エモーショナルでしたあの曲、良い曲作るバンドって生意気にもたくさんいると思ってるんですがelkはあったかくて良い曲多いんですよね、例えちっぽけなイメージに問われるんじゃなくて、ありのままでいてくれる、いれる、そういう部分がこの先もっと素晴らしい曲も作れるだろうなって信じて僕は委託させていただきましたよ!

ありがとうございます、そう言ってくれると本当に曲作っててよかったと思います…!
自分が作った曲なので、基本全曲好きですけど
egoisic〜は僕も割と好きです!(笑)

ーーでは1番好きな曲というか、思い入れが1番ある曲はどれですか??

うーん…僕の歌詞って本当に個人的なことしか書いてないんです(笑) というのも、僕が押し付けられるような詩が苦手ということもあって!だから僕の曲はその時々に自分が考えてたことがあって成り立ってるんで、全部大切にしたいなとは思ってます!

ただ、そういったところとはまた別のところで(曲の展開とか構成、コード進行とか)やっぱり最近の曲になるにつれて前の曲より好きだなって思うことが多いです!

よくメンバーに言ってるんですけど、初期の曲は隙だらけだよねと…笑

個人的に歌ってて気持ちいいのは”days of our lives,,ですかね!

ーーありがとうございます!
では今作の曲紹介をお願いいたします、楽曲秘話、エピソードとか是非とも!

1,follow your emotion
この曲は先ほど僕が言ったそのままのことを歌ってます!elkの中だと割とテンポ感の速い曲です。

The Get Up Kidsみたいな青臭い感じを出せたらな、と思いながら作りました!多分これからのライブでもバンバンやっていく曲だと思ってます。

2,egoistic fantasy

実は一回ボツになりかけた曲なんです…(笑) でもメロディーの感じとか曲の雰囲気が好きだったので、あれこれ試行錯誤してカムバックしました!elk初の転調を使った曲です。
歌詞は、人との距離感みたいなこと歌ってます。分かりあおうとすること自体、自分勝手なのかなぁ…でもなぁ…てな感じです!

3,my story
ゆる〜く聴ける曲が今までなかったので一回肩の力を抜いて作曲したいなと常々思ってたんですけど、そういうテーマで作ってみました!だから尺も短いです…(笑)
歌詞は、24年間生きてきて思ったことをこれまたゆる〜くざっくり書きました!中身があるといえばありますけど、無いと言えば無いです(笑)

ーー曲作りについてですがelkはどのような曲作りのやり方ですか?あとタッちゃんが曲が出来るときとはどんな時ですか??

曲作りは僕がメロディーとコード進行を持って行って、スタジオであれこれ言いながら作るのが多いです。最近はドラムの打ち込みまで作ったりすることもあります。

そのあと形になった物に対して歌詞を付けてコーラスを付けて…って作業をいつもやってます!

曲を作りたくなる動機は色々あります!あのバンドの雰囲気かっこいいから僕もやってみたいなぁっていう憧れからの時もありますし、ギター弾いて遊んでいる時になんとなく形にしちゃう時もあります!
頭の中で勝手にメロディーが…っていうことができる人もいるんですけど、僕はそういうのないんで羨ましいです(笑)

メロディーに関しては、ギターを弾いて歌いながら作ってます!

ーーelkのタッちゃんにとって名盤、名曲を教えてください!

①mae 『The Evergrow』

挙げずにはいられない一枚です!2曲目のWe’re So Far Awayが大好きで、一曲目から最後まで何回も聴きました!アルバムを通して変化に富んでいて、物語性のある歌詞や曲調も、とても好きです。こんなバンドになれたらと思ってます!

②LOCAL SOUND STYLE
『Doing It For The Kids』

学生時代に死ぬほどコピーしました!このバンドのコード感や、透明感のあるメロディラインにはすごく憧れてます。2曲目のDECLARATION、4曲目のLIVE FOREVERが好きです!

③Dream State
『Something To Believe In』

恐らく去年1番聴いたアルバムです。Prelude〜Something To Belive Inの流れが素晴らしくて。とても澄んだ音で、ピアノっていいなと改めて思わされました。沁みます…。

④Jimmy Eat World
『Bleed American』

言わずもがななバンドです!好きなアルバムが沢山あるので、僕がこのバンドを知るきっかけになったこの一枚を!ド頭のリフでブチ抜かれました!

ーーelkってピアノとかも入れたら面白いっすね!!
幅広さ持ち合わせれそうだと思います!
では最後このインタビューを見てる皆様にメッセージを

僕もピアノ弾けるようになりたいです…!(笑)

インタビュー読んで頂いてありがとうございました!繰り返しになりますが、僕達は現在ツアー中なので、各地のライブハウスで会いましょう!色々な人達と音楽のお話してみたいです!

彼らなりの背伸びせずに、そのままでいれるように、優しい気持ちになれるような空気感.
あたたかさに溢れたメロディー、
気づかずに持ち合わせた防衛本能を気づかず許してしまうくらい

達人めいた手腕をもっているわけでもないはず、彼らの素朴感による等身大なセンスを伴ったスリーピースという最低限の形態からなる、最大限に美しいハーモニーが見え始めた今作、ド派手な演出的な楽曲群でもなく、弱々しいながらも確かな素直さと真っ直ぐなelkというバンドがこれからに向けてしっかりと歩むための期待作と呼ぶべきか、今でもまた会いたくなるエモーショナルメロディックバンドelk
「follow your emotion E.P」。

IMG_2862

eimie

2015/01/img_2781.jpg

Amy
Takuma
Yuichiro

https://www.facebook.com/eimieofficial

http://eimie-official.tumblr.com/

2015/01/img_2778.jpg

#1. Carnival
#2. Peer Pressure

2015/01/img_2783.jpg

#1.Lies
#2.Chime
#3.Stepping Stones

2014年、東京にて、2人のクリエーターで結成されたエレクトロニカトリオ。

クリエイティブにハイセンスに
少しレトロな洒落たエレクトロニカはカラフルに作り出す時空間に迷い込んでしまいそうな中で
今の気分のままで楽しんじゃえと身構えることなくラフに体を揺らせばいいよ。
と、Amyのラフな歌声はあまりにもイケてて、(ユルいって意味のラフさじゃなくて)虜になるのは時間がいらないくらいメロディーがセンスいい!

iPodや音楽プレーヤーにこのときめきは必ず入れておきたい!
”Chime,,なんて、CITY Girl City Boyのアンセムですよ、カリスマが潜んでますねぇ…!!、

その気分のままで楽しんじゃえと身構えることなくラフに体を揺らせばいいよ。

1番スタンダードに自分に正直に自分たちの好きなやり方で音を奏でてる部分がナチュラルに溶け込んでくる、それがeimieの素晴らしいところではないでしょうか?

空間に彩りをつけるのはアンビエントの特色としてエレクトロニカはeimieの世界観を煌びやかにし最高のポップネスへ。

Ambient Electornic Pops Band、
eimieインタビュー公開しました!

ーーそれではeimieインタビューお願いします!まずは自己紹介から。メンバーの自己紹介も含めてお願いします!

eimieのボーカルのAmyです。

メンバーは、シンセサイザーのTakumaと、ドラムのYuichiro Sakaneです。

今回はボーカルのAmyがインタビューに答えさせていただきます、よろしくおねがいします。

ーー去年の春から始動したeimieにとってまだ一年が経っていませんね。

2014年、東京にて、3人のクリエーターで結成されたエレクトロニカトリオ。そこからギターCalumの脱退を経て、ドラムにYuichiro Sakaneが正式加入と、舵をとりにくそうな場面があったようですが、2015年1月23日に2曲入り(Carnival と カップリングのPeer Pressureという曲)ニューシングルをリリースするようですね。以前活動されていたGO RETROからeimie結成、そして現在までの活動までの経緯を教えてください。

2014年の6月に、わたしがボーカルを担当していたエレクトロニカユニット(GO RETRO)が解散することになりました。

それで、以前から知り合いだったTakumaに声をかけて、さらにわたしがギターをどうしても入れたかったので、

当時大阪に住んでいたCalumをヘッドハンティングするため、その日に2人で大阪に行ったんです。

TakumaもCalumも、ずっと各々で音楽に携わっていたのですが、バンドには所属していなくて、

ふたりともどうしてもバンドをやりたいという気持ちが共通していたので、このとき「やっとバンドができる!」

って喜んでましたね。

ただ、Calumの国籍が海外だったことや、言葉と文化の違いもあり、

事務所やレーベルからは敬遠されてしまったりと、 辛酸を舐める出来事も多々ありました。

そういったことが重なって、残念ながらCalumが脱退ということになりました。

ドラムで正式加入したYuichiroは、以前から私の知り合いで、

eimieを始めた当初からサポートドラムをしてくれていました。

Calumの脱退を経て、今後のeimieのビジョンを共有できる仲間として、

正式に加入することになりました 。

とってもざっくりですが、こんな感じで今の3人体制のeimieができました!

ーー今までの音源と新たな音源、
素敵なトラックが並んでますね。

個人的に、シンセでメロディーを作ってる空間系BGMとして、最高なトラックばかりだと思います。

eimieはステージを選ばなさそうですね!

クラブ寄りライブハウス寄り、どちらでも機能しそうなeimieはプロジェクトとして認識すればよろしいでしょうか??

もともとeimieで活動するときプロセスにしている部分をお聞かせください。

ありがとうございます。

トラックも基本的に私が基盤を作って、それからメンバーとシェアして作り込んでいっています。

歌だけではなくて、散りばめられているフレーズや、細かい音まで是非耳を傾けてほしいですね。

クラブとライブハウスって、人によって解釈や持っている印象が違うと思うので、一概には言えませんが、

私個人的に思うクラブは、「音のシャワーを浴びながらお酒飲んで踊りたい!」っていう感じの解釈で、

ライブハウスは、シーンにもよりますが「爆音の中で溢れる感情を解放したい、楽しみたい!」みたいな感じの解釈をしています。

それで、どちらの場所にも共通するのは、何かしらのことに「感動」することだと思うんです。

その場で演奏している生の音を聞いて、鳥肌が立つことって、誰しもあると思うんですけど、

私たちが求めているのはまさにその、鳥肌が立って感動してもらうことだと思います。

なので、eimieを始めた当初から、エレクトロ寄りの音でも生のドラムや生演奏にこだわるようにしています。

そういうわけで、eimieはプロジェクトとも言えますが、言ってしまえばバンドですね!

ーーeimieの中でルーツとなってる部分はなんでしょうか?
eimieの中に強く活きてるであろうと感じる音楽はなんですか?

曲を書くのが私なので、私のルーツが曲やバンドに影響していますね。

私の中のeimieのルーツは、”Sword & Sworcery”という8bitのアドベンチャーゲームです。

デザイン、雰囲気、音楽、ストーリー、全てがクリエイティブで洗練されていて、

ひとつひとつの要素が最終的にアートになっていくところが、私の音楽にも共通していたいなと思うところです。

とっても面白いゲームなので、このインタビューを読んでる方はぜひ遊んでみてください。(笑)

曲に関しては、海外のインディーズEDMバンドなどからインスパイアされています。

メンバーそれぞれ聞く曲はバラバラなんですが、メンバー共通して好きなのは、

Passion Pitや、Phoenix、The 1975などです。

歌は、私は女性ボーカリストがとっても好きなのでKaty Perry、Ellie Goulding、

ParamoreのHayley Williams、FOXESなどの影響を受けています。

テクノやハウス、エレクトロ、グルーブ感を感じさせる透明な心地よいAmyさんのボーカルは

自然と溶け込めるくらい温かでメロディーの質が凛としてて生き生きして、

お洒落なエレクトロニカ・ポップになってるのが素晴らしいですね。

レトロなお洒落感をエレクトロニカに奏でてるって印象を持ちました!

まだまだ新たな一面を秘めてそうで、自由な開拓余地がまだまだあるんじゃないな?って思います。

eimieがこれから向かう理想像とはどのようなイメージがありますか?

すごいたくさん形容詞を使ってイメージしてくれてありがとうございます!

声質的には、ディーバ系のボーカリストよりも、CHVRCHESのLaurenやAlunaGeorgeのAluna、

EchosmithのSydneyが近いと思います。どのボーカリストもそれぞれの特性や長所があって、

でもいろんな色の曲調でもしっくりくるんです。私のボーカリストとしても目標は、いろんな色を出せるボーカリスト、そしてソングライターになることですね。

私だけではなく、eimieとしても、自由自在に色を操れるようなバンドになれたらと思います。

ーー前作『truth』からの

“Lies”、”Chime”、”Stepping Stones”の三曲ですが、この作品がeimieの1stと認知しております。

三曲たちにはどのような想いが詰めらているでしょうか?

Liesは「たわいない嘘」、Chimeは「社会のルールに疲れたゴースト」、

Stepping Stonesは「これから始まるもの」がそれぞれテーマです。

eimieを始めるにあたって、
「問題提示」と、「当時の心中」、
「未来へのビジョン」

を歌詞に込めました。

それぞれが等身大の真実を歌っているので、

タイトルは”truth”です。

これから始まるeimieの世界感をまず、リスナーのみなさんに知って欲しくて、

トラックもかなりファンタジーな雰囲気を強くしました。

アーティスティックな感性が鋭いMVですね、彩りがまたお洒落でeimieにピッタリだなと感じました。

この作品は自分たちにとってどのように映りますか??

知り合いのMr. & Mrs. MushにMVを撮影、編集してもらいました。

とても気に入っています。

ChimeのMVのイメージは
「抜け殻のようになってしまった女の子が、金曜日の夜の渋谷センター街でふらつく」です。

顔面蒼白にして、ハイなのか何なのかわからないような女の子が、怪しい世界に引っ張られていく感じが、

見た人にも伝わると嬉しいです。こういう抜け殻みたいな人、結構まわりにたくさんいませんか?

たまには自分もそうなってもいいなという反面、そういう人が増えちゃう世の中だということを、

見て見ぬ振りをしている場合じゃないんだよっていうメッセージも密かに込められています。

ーー新しい音源の紹介をお願いします。

Sound Cloudやbandcamp、Youtubeにはすでに公開されてるChillin’ Magic、すでに僕は好きです。笑

3/18にニューシングル「Carnival」が発売されることになりました。

このニューシングルは、”Carnival,,と”Peer Pressure,,という曲の2曲入りになっています。

”Carnival,,という曲は、私の好きな海外医療ドラマのイメージでつくりました。

シアトルの病院の研修医のドラマなんですけど、ハッピーでコミカルなストーリーなのに、

シーズンの最終話に大事件や大事故が起きてたくさんのひとが死んでしまうんです。

その展開がショックすぎて、その気持ちを曲で表現したくて、Carnivalという曲を書きました。

カップリングの”Peer Pressure,,という曲は、中学生の頃の自分に未来の自分から送った歌です。

”Peer Pressure,,とは「同世代の周囲からの圧力」という意味で、周りの目線ばかりを気にしすぎて、
自分を見失ってしまっていた、思春期の頃の私にはまさにぴったりの言葉ですね。

当時はあまり良い思い出がなく、はやくこの場所から逃げ出したいと思っていたんです。

そんなとき、時をかける少女みたいに、未来の自分が昔の自分に「未来はきっと大丈夫だよ」と

言ってあげられたらどんなに良いだろうと思って、この曲を書きました。

この2曲入りのシングルで、少しでも多くの人にeimieを知ってもらって、音楽はもちろん、
eimieの世界観も好きになってくれる人が増えたらいいなと思っています。

それから、Bandcamp限定でリリースしたChillin’ Magicは以前からライブでやっている曲ですが、

四つ打ちで跳ねて踊ろうよ!という感じではなく、リラックスして気が向くままに踊ろうよ!という曲です。

余談ですが、わたしの部屋に小さなミラーボールがあるんですが、ミラーボールってきれいでついつい見とれちゃって、

静かな部屋に響き渡るそのミラーボールの回転モーター音のリズムでこの曲ができています。

その感じを想像しながら聞いてもらうと、また面白いと思います。

ーーそしてリリースパーティーを行うようですが、なかなかバンドシーン育ちには真新しい音ばかりですね!a fluxyがいるあたり生意気にもセンスを感じます!!
eimieにとってこの日はどのような日になりそうですか?

1/23にTSUTAYA O-nestでリリースパーティーをやらせていただきます。

ちょっとフライングですが、新しいシングルもこの日に発売します。

このイベントはeimieがいつもお世話になっているTSUTAYA O-nestさんの恒例のイベントなんですが、

今回共同イベントという形でやらせていただくことになりました。

JIGGIN RIGGINとGLIM SPANKYはnestの岸本さんのブッキングなんですが、

JIGGIN RIGGINは東京のギターポップ、ロック、エモを兼ね合わせた3人組のバンドです。

わたしたちも初めて共演させていただくのですが、メンバーのみなさんの名前は日本人離れしているのが

ちょっと気になります。曲もすごくかっこいいので、どんなライブになるのかわくわくします。

JIGGIN RIGGIN 『Criminal Coaster』 MV

GLIM SPANKYは私と同じ長野出身の二人組で、ドラマの主題歌や、クルマのコマーシャルソングなどを担当していて、

これからの活動に目が離せない注目のアーティストです。ボーカルのレミさんの声が本当にかっこいいんです。

私自身初めてライブを拝見させていただくので、とても楽しみにしています。

GLIM SPANKY – 焦燥

a fluxyは以前こちらのインタビューにも参加されていますが、eimieの仲良くさせていただいています。

ギターが引っ張るインスト音楽で、普段は得られない新しいインスピレーションをあたえてくれるような、

クリエイティブな空間になると思います。とっても期待しています!

a fluxy – “On Your Own” EP (Official Teaser)

Human DriveはGO RETRO時代から仲良くさせていただいているバンドです。圧倒的なボーカルと、

終始かっこいい音しか作り出さない楽器隊の4人組です。それぞれのフレーズや音がすごく素敵なんですけど、

それがバンドで一緒に鳴っているので、本当にずるいですね。

【fullCOLOR MV】 HumanDrive

この合計5バンドでリリースパーティーをします。

ぜひたくさんの方に足を運んでいただきたいですね。

Amyさんにとっての、名盤、名曲だよっての是非お聞きしたいです!

ものすごくたくさんあって、紹介しきれないですね(笑)

みなさんにオススメの、比較的聴きやすくて、さらに私の中でアルバムまるごと名盤なものを紹介します。

The 1975「The 1975」

このアルバムなしでは今の私は成り立ちません。

人生で一番好きなアルバムです。圧巻です。

The 1975 – Girls

Mute Math「Armistice」

Mute Mathは全部名盤ですが、このアルバムの中でも

一番勢いがあるのはこれだと思います。“Goodbye”に胸を打たれすぎて、

いつ聞いても初心に帰れるアルバムです。

Mutemath – Goodbye [Live]

Parachute「The Way It Was」

ラブソング=Parachuteになっているくらい、

ドキドキするアルバムです。ときめきます。

男の子にも女の子にも聞いてほしいです。

Parachute – Kiss Me Slowly (w/ Lady Antebellum Intro)

Passion Pit「Gossamer」

私の音楽の師匠から初めて教えてもらったアルバムです。

曲間まで全て体に染み付いているくらい聞き込んであります。

シンセサウンド入門の一枚です。

Passion Pit – Take a Walk

Drake「Take Care」

私がカナダに住んでいるときによく聞いていたアルバムです。

Drakeのけだるいラップがセクシーで、ローラーブレードのトリックを

練習をするときによく聞いていました。

Drake – Take Care ft. Rihanna

Tycho「Awake」

インストといえばTychoです。可愛い名前ですが、イケイケなおじさんがやっています。

チルアウトしたいとき、リラックスしたいとき、寝る前におすすめです。

Tycho – Awake (Live on KEXP)

Ykiki Beat「Tired of Dreams」

同世代の日本人の男の子がやっているバンドです。

日本の新しいシーンを作り出す先駆者といってもいいくらい、

感性豊かで完成度の高いアルバムです。必聴です。

Ykiki Beat – Forever (Official Lyrics Video)

ーーでは最後にこのインタビューを読んでる皆様にメッセージをお願いします。

とっても長い文章になってしましましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます。

少しでもeimieのことを知っていただいて、興味をもっていただけたら嬉しいです。

eimieのやっている音楽シーンは、まだ日本ではそんなに浸透していませんが、

他にもたくさんの素敵なバンドがこのシーンを作り上げようとしているところです。

サマソニやフジロックが好きなみなさんはもちろん、

コーチェラやレディング&リーズフェスティバルなどが好きな人には

なおさら聞いていただきたいです。

今年はサマソニやフジロックだけでなく、

海外の音楽フェスに出たいと思っているので、

ぜひ目を離さずに、今後の活動をチェックしてくださいね。

そしてライブで、eimieとコズミックフレンドになりましょう。

2015/01/img_2777.png