Northern Factory/BroadcCast To Your Ghost

#1.The Ghost Of You

#2.Wake Mn Up

#3.On Christmas This Year

#4.Losing You

#5.Waiting



1st EP”From The Corner Of This Room”をCars & Calories Recordsから全国へリリースして、反応みたいなものが特殊なものもあったり、色々とあったりしたけど、個人的には反応がすごく濃かった気がしたんだけど。



思ってた通りの反応があって良かったと思ってましたね。本当の事を言えば、自分の作品を過大評価する訳じゃないですけどもう少し反応があるかなっと思ってました。あの作品は当時のフラストレーションが全て込められてるような感じで、歌詞に関してもとても正直で今は書けないかなっていうような歌詞で。

でも一番誰かから反応があるだろうって思った根拠は、曲を作ってる時にまるで自分にとっての名盤を聴いたときのようなドキドキするような感じ、いい曲だなぁと曲を書き始めて以来初めて自分で思う事が出来たからですね。その時はピアノとドラムの2人だけでスタジオに入ってて音も本当にスカスカでしたけど僕の頭の中にはもうベースとかギターとか曲の質感のイメージも出来てて。ドラムの彼はイメージできずに心配だったみたいですけど笑 例え自分の曲でも自分が一番好きなアーティストの曲を聴いた時みたいな感覚が少しでもないと僕は満足できなくて。その感覚を追い詰めたのがあの作品かなと思ってます。今でもその感覚が湧いてくるまで曲の一部分を作って感覚が湧いた曲、というかイントロかAメロ(僕はイントロかAメロからしか曲を作れないので)に関してはそこから発展させていく感じですね。

だからこそかなり時間がかかるし曲作りが苦になっちゃう時もありますけど…出来上がってきてからは本当に楽しいんですけどね。曲を評価するのは自分ではなく他人だと思いますけどやっぱり最初は自分で自分の作品をいいな、と思えてそこから初めて他人に評価されると思います。


すごい難産だった気がした今作はジャケットが決まらないまま発売日が未定となったんですが、素晴らしいジャケットと共にiTunes Store限定ながらリリースおめでとうございます。このジャケット僕はすごい気に入ってます。



ありがとうございます!僕もジャケットはかなり気にいっています。曲自体もいつも通りといった感じでもちろん苦労しました。

特にWake Me Upは何度試行錯誤したか分からないくらいで。またアルバムの流れも相当考えぬきましたね。ただそれ以上と言ってもいいくらいにジャケット探しが大変で大変で…何百時間も探した気がしますね笑 

僕の頭の中にあるどこか懐かしい風景の絵をインスタグラムでずっと探してたんでけど全然見つからなくて。何人もフォローして、一度見た作品ももう一度見てみようということになってこの作品に出会ってこれしかない!という風になりましたね。

一度見たと思うんですけどその時にビビッと来なかったのが不思議です。この作品を提供してくれたMyriam Thomasに感謝です。

http://www.facebook.com/cookiesochocola

まさに僕の頭の中にある作品のイメージといった感じですね。イギリスの田舎の夜の雰囲気が出てて、欲を言えばここに小さな家があればパーフェクトでした笑


2nd EPはコンセプト的なものがあれば教えて、そしてそのコンセプトはなぜ生まれてきた?



コンセプトというか僕の頭の中での作品のイメージはイギリスの田舎町の草原に佇む小さな家に男の子と女の子が住んでいて、ある日女の子は突然男の子を置いて出て行ってしまいます。そして夜に目覚めた男の子がその女の子を追いかけるようなイメージが最初Wake Me Upを作ってる時に湧きましたね。

それが後々作品のイメージになっていきました。

コンセプトというかイメージなので歌詞とかに反映されてる訳じゃないですけど。ただコンセプトを見つけるとしたら失くしたものとか過ぎ去ってしまったものを未だに追いかけてるような感じですかね。女の子はそのメタファーみたいな感じに思ってます。なんでこんなイメージが湧いたかあんまり分からないですけど昔からイギリスの田舎を見るとなんか懐かしい感覚に襲われるんですよね笑 だから今回はどこか懐かしくてポップな感じの曲をまとめたアルバムになるかなと作り始めた当初は思ってました。

プロデューサーをつけるってのは日本のインディーズ界隈的にはあまり必要性を求められてないように感じるけどNorthern Factoryが目指すところではどんな意味と価値が生まれるのでしょうか?



この2nd EPを作り終わった後1st EPよりもあまり興奮していない自分に気が付いたんですよね。1stが僕にとって初めてのフルバンドとしてのアルバムで興奮していたってのもあるかもしれませんが、2ndは少しそれにも慣れて自分の思った通りの事が作品で発揮できたのですが、同時に何か物足りなさというか…本当に自分の思い通りに出来ただけの作品というか、そこにマジックがないような感じがして…やっぱり作品を作るにあたってはある程度客観的に作品を見るために余裕を持った時間、そしてプロデューサーが欲しいと感じたのがこの作品でしたね。ある程度の腕を持ったプロデューサーがいれば僕の作品に対して意見やここをこうしろとか、全てに関して客観的な意見を貰えるので作品が出来上がった時の感覚が違うのかなという感じがします。ある意味自分の作品なんですけど別の人の作品にも聴こえるような。

2ndは自分の思った通りに全てができた、でもそれがどうしたって感じで。腕のいいプロデューサーや客観的に見る時間があればここをこうしたかったっていう部分が前作の3倍近くはありますね。後はプロデューサーが付くだけで作品の価値があがるというか本当の意味での「レコード」が作れるような感じがして、そういった意味でも是非僕が昔から聴いてきた作品に携わったプロデューサーと一緒にやってみたいです。
On Christmas This Year は1番あの中じゃシングル候補になる質だと思いますが。



それはエンジニアの人にも言われましたね笑 あの歌はだんだん歳を取ってきて音楽に触れれるチャンスも成功するチャンスも少なくなってきた、だからクリスマスに永遠を願ってずっと音楽を出来たらいいのにって感じの、ある意味ティーンエイジャーの頃の思い出を思い出して作ったような曲なんですが。

僕も曲としてはかなり満足してます。ただあの頃の間違ったボイトレの認識のせいで声がかなり弱いんですよね。作品を通して言える事ですが。(今は原因がわかってマシにはなってます笑)そこだけが唯一の後悔ですね。

あと今作はアレンジも結構面白い事をしててそういうところも聴いてほしいですね。とくにこの曲はピアノにおいて前作よりかなり成長できたかなと思ってます。

確かに1st EPはピアノエモの部分はある、けど2ndにはその要素よりもポップセンスが強くあって、次の3rd EPはもっとメロディックになりそうで、ピアノエモとして分類されている部分があるNorthern Factoryだけど、面白いよね。

Copelandの1stもJack’s ManequinもMaeも僕にはピアノエモなのかな?っていつも思うんだけど、君はどう思う?



その時々の流れで曲を作ってたらそうなる感じですよね。僕がいつも避けてるのは「~みたいな曲を作ろう」とか「エモっぽい曲とかポップっぽい曲を作ろう」とか考えることですね。

いつも自然に溢れてくるものがその時の自分にとってのベストだと思ってて、今までもこの考えで上手くいってきたので。

でも案外これが難しいんですよね笑 

2nd EPを作り始めた当初は1st EPのイメージが僕の中でも強すぎてああいう曲を書こうとして全く上手くいかなくて行き詰まって、結局湧き上がってくるものを素直に作ったら今回のような作品の感じになった感じです。「こういう曲を作ろう」と思って上手くいく場合も少ない確率であるんですけどね。

でもやっぱりその考えを一番大事にしてます。
海外にはピアノ・エモって言葉はないから不思議ですよね。全部ピアノ・ロックかピアノ・ポップ。でもジャンルの説明をする時にピアノ・エモっていうとピアノをフィーチャリングしたエモなんだって分かりやすいことは確かですけどね。

ただCopelandの1stなんかはピアノを使ってるのは一曲目のBrightestだけだったような…あとMaeなんかはエモにピアノを足したって感じでピアノをフィーチャリングしている感じはあまりしませんよね。We’re So Far Awayなんかはピアノ・エモって感じますけど。Jack’s Mannequinはエモっぽいコード進行もありますけどピアノ・ポップですよね。ただSonething Corporateの2ndの何曲か、そしてKonstantineなんかはピアノ・エモって感じがします。んー結局ピアノ・エモってなんなんだ?って感じです笑 エモの中でピアノの比率が高かったらそうなるんですかね?そういう意味ではWaking Ashlandなんかはピアノ・エモってはっきり言えるんですけどね。そのアーティストがピアノに強いアイデンティティーを持っててピアノで作曲してて、弾きながら歌うアーティストを僕はピアノ・ポップ、ピアノ・ロックと思ってますね。ピアノ・エモもしかりです。そういう意味ではCopelandもMaeもただのエモだと僕は思ってます笑 そう考えるとピアノ・エモってほとんどいないのかもしれませんね。

ただMaeとかCopelandの名前を聞くとピアノ・エモって思っちゃいますけどね笑
 


4曲目Losing Youについて、今までそんな風に映像的なインスピレーションから曲に繋がることは少なかったの?MVのイメージがすぐにできる曲というか。



あの曲は実は曲が出来た後に映像的なインスピレーション、そしてMVのイメージが湧いた曲なんですよ。僕の言い方が悪かったかもしれませんね。映像のインスピレーションから作曲に繋がるってことは僕にとってはほぼないんですよね。曲を作っていってる最中に映像的なものが頭に湧くこともありますけど。それが曲に影響を与えるってことは一切ないといった感じです。ただアルバム単位としては映像的なものがアルバム全体を通してあってそれに沿って曲を作ろうとしてる節はありますね。


今ここでリスナーに楽しみにしていてほしいMVもある意味プロデュースしてもらってるみたいなものだね。

そうですね。このMVは僕の考えが基盤にあって向こうのディレクターにある程度お任せって形を取ってるのでプロデュースと言ってもいいかもしれませんね。実はそのディレクターというのがみんながあっというような人物なんですよ。自分の好きなバンドのメンバーなんです。そういう人にディレクターを務めてもらうのも不思議な感じですけど…彼は映像も専業にしているのでどんな作品ができるのか楽しみで仕方がないです。みなさんも誰か予想しながら楽しみに待っててください!


5曲目のWaitingってNorthern Factoryの中で珍しいというか新しいね。シンプルに2000年代って感じで。



そうなんですかね?笑 

ただあの曲が僕にとってアルバムの中で一番好きな曲になるかもしれないですね。それと同時に最もアレンジを後悔してる曲でもありますが。僕は跳ねるリズムが大好きなんでこの曲はSara BareillesやThe Hoosiers、The Hush SoundにFall Out Boy、そしてPanic! At The Discoの影響を受けてるのでそういう意味では間違いなく2000年代って感じですね。

ちなみに僕はこの曲のCメロが大好きなんですよ。どうやってこの流れになったかあんまり覚えてないですけど最高にお気に入りです。自分の満足できるメロディーとかコード進行は考えずに流れで出てくることが多い気がしますね。このCメロはThe HoosiersとPanic At The Disco!とThe Cabが混ざったような感じが個人的にしますね。

この先NFが見えてるものというか、あんまりシーンとか興味ないのはわかってるんだけどNFとしてこれからどんな風に活動したい?



んー難しいですね笑 今は全く実現できてないですけどやっぱ自分の満足する作品ができて、それを心から好きになってくれる人がいてある程度のファンベースを築いて、少しでも音楽で収入を得たいかなって感じですね。欲を言うと、というか夢になりますけどある程度売れて音楽で食べていけたら最高ですよね。僕の好きな売れることができたアーティスト達も今の状況が幸せだって色んなインタビューで言ってて。ただ色々な人の話を聞いて今の時代それはほぼ不可能に近いくらいの可能性だって事は分かってますけど…これがこんな風に活動したいってイメージなのか分からないですけど笑 それを今考えている途中なのかもしれませんね。


この作品を作るとき聴いていた音楽はなんですか?



Jack’s Mannequinの2ndと3rd、The FrayとSara Bareilles、そしてThe Hoosiersですかね?特にThe Hoosiersの1stをよく聴いててそのライナーノーツがすごくいいんですよ。彼らは自らを”Odd Pop”(変わったポップ)って名付けてて1stも楽しくて面白い作品なんですけどライナーノーツに書かれてる事が「「面白い」というのはただ単にファニーであることとは少し違う。ここにあるサウンドは、バカ笑いしてスッと別世界の扉を開けてくれるポップ・ミュージックとはまた、一味違う。ここにあるのはクスッと笑ってグッとセンチメンタルな世界観にシビれ、そして今いる世界の見え方を少しだけ変えて明日へと背中を押してくれるような、そういう、ポップ・ミュージックだ」って書かれてて、究極的には一番影響を受けたのがこの作品、というかこの考えかもしれませんね。もしくは彼らが言ってた「良いポップってのはほとんどがオッド・ポップだと思う。その曲ならではの特徴があるから。特徴がないのは普通のポップ。そういうのは本当の音楽ファンは買わないと思う。マイケル・ジャクソンとかリリー・アレンとかは自分たちの個性を持ってるし、真似できないからこのような人達が鳴らしてるのがオッド・ポップかな」の一言がすごい気に入ってて、そういう感じのどこか懐かしくてフックのあるポップ、Lilly AllenやMika、Panic At The Discoの2ndをよく聴いてました。目指したのもそこかもしれませんけど到底彼らには届きませんね笑 こういう音楽こそプロデューサーというか客観的に見る時間がもっと欲しくて、そこをすごい後悔してます。またこの作品は影響を受けた曲がいつもは分からないんですけど、曲を作った後に気が付いたら思い浮かんで。作ってる当初は全く気づかなかったんですけどそれが自分の中ですごく面白くて。もし良かったらその曲も聴いてみたりしたら面白いかもしれません。

1.The Ghost Of You→Panic! At The Discoの1stの8曲目途中以降の曲達
2. Wake Me Up→The Hoosiers “Goodbye Mr.A”
3. On Christmas This Year →Jack’s Mannequin “My Racing Thoughts”
4. Losing You→The Almost “Dirty And Left Out” 

Third Eye Blind “Blinded(When I See You)”
5. Waiting→The Hush Sound “We Intertwined”

A Great Big World “Land Of Opportunity”


このインタビューを読んでる人にメッセージを。

インタビュー見ていただいてありがとうございます。今回は歌詞も気に入ってるので是非歌詞も見ながら聴いて欲しいです。歌詞を載せるホームページなどがまだ無いので作成中ですが…またどこかに載せるので是非見て欲しいです。今作は僕の中でポップで取っつきやすいイメージのある作品だったのですが周りの人達のこのアルバムに対する感想が予想に反して「スルメ」だったのでもしよければアルバムを通して何回か聴いて欲しいです。またアートワークも今作は重要な位置を占めてると思います。アルバムのイメージは「夜」。是非夜に散歩でもしながらリラックスして、僕が頭の中に描いたどこか懐かしい風景や光景を描きながら聴いて欲しいです。ありがとうございました!秋に発売予定の3rdEP、そしてこの夏発売予定だったのが延期になってしまった僕にとってもかなり大切なアルバムになりそうなフルアルバム、その2つの方も楽しみに待ってて下さい!

広告

KickAss-Ray /Hold Water EP


#1.Hourglass [feat.Narumi of United Front]

#2.Untitled

#3.Six Years We Walked

#4.1997

#5.Sleep

Hold Water EP完成おめでとうございます。

出来上がった作品を手にして今率直な感想はどのようなものですか?

 ありがとうございます。

ずっと形にしたかった曲たちで作品を作れたので仕上がった時は素直に感激しました。
どのようにして現在のKickAss-Rayになりましたか?バンドの歴史を教えていただけますか??

皆さんまだお若いですよね?自己紹介とともにお願いします。
今はボーカルベース、ギター2人とドラムの4人体制なんですが、元々はスリーピースバンドでした。

結成は僕とギターのニシマツと前のドラムが同じ中学で1年の時同じクラスで3人ともバンドに興味があって仲良くなったのがキッカケです。

中学時代はその3人でハイスタコピーしたりして遊んでました。

オリジナルは高校生になって作るようになって本格的にライブも始めました。

高校生時代実は盤として自主制作EPを2枚リリースしてます。(気になる人はKickAss-RayのYouTubeチャンネルチェックしてみて下さい)

スリーピース期の楽曲は日本のメロディック感が軸になってました。

高校生の時はこれからもずっとこの3人でバンドしていくつもりでしたが、高3の夏にドラムが脱退することになってしまってその瞬間終わったと思いました。

しばらくバンドの事は考えられなかったですが前から自分がもっと海外の影響を受けたバンドをやりたかったて事を思い出して、ガラッと編成を変えて続けてみようかなと思うようになってノリで今のギターのこーすけに電話してKickAss-Rayに入らない?と誘いました。

丁度こーすけが以前やってた高校生メタルコアバンドが活休になって、こーすけとは高校生時代なんやかんや一緒にライブしたりしてたのでギターもう1人加入するならこーすけだなって思ってました。

こーすけは二つ返事で”はい”でした。

そしてドラム探しなんですが、運良くすぐ見つかりました。

楽器屋のオーディションに行った時にめちゃくちゃ可愛くてドラムバチクソ上手い子を偶然見つけて即声かけました。

それが現在のドラムのこーたなんですけど、当時彼は14歳、中学生だったんです。

最初は加入をお願いするか躊躇ってたんですけど、こーたとスタジオに入る度にこーたのスキルが上がっていくのが手に取るように分かってバンドが楽しい!と感じた時には正式に入ってもらってました。

そして今この4人でKickAss-Rayとして活動してます。

自己紹介が抜けてたので追記します。

バンドのボーカルとベースと主なソングライティングを担当していていまこのインタビューに答えている私、ネッド丸山ことみっち(18)です。

そしてスリーピース期からギターとバンドの経理としっかり者を担当しているのがニシマツ(19)です。

ギターのこーすけ(19)は所作が摩訶不思議でジョイフルでバイトしてます。

そして最年少のドラムこーた(15)は今年から高校生になりました。

「KickAss-Ray」バンド名の由来など教えてください。
中学の時に響きで付けた名前です。

高校の時に本格的にバンドするなら名前変えようかなと考えた事もあったんですが、”自分達がクールになればバンド名もそれに伴ってクールになる”って考えに落ち着きました。
曲作りはどなたが作りどのように完成させていってますか?  

リリック的にも統一した世界観などはあるのでしょうか?
曲は基本的に僕が書いてますがアレンジはみんなでしてますし、EP2曲目の”Untitled”はオケをギターのこーすけが持ってきました。

大きな枠組みはスタジオでみんなで意見を出し合ってそれを録音して各自家でアレンジを考えてまたスタジオ変化させていく感じです。

リリックの世界観は固定はしてません。

このEPでリリックに1番こだわったのは4曲目の1997ですね。

1本のサイコサスペンス映画を書いたイメージです。

物語は根暗な男が1人の女性に恋をするんですが、今まで人と関わった経験が無い故に悪い方向へ勘繰って行く様をリリックにしました。

この前置きがないと理解し辛いリリックなので是非このインタビューをチェックして欲しいです。
このバンドを通してどのような音を出していこうというヴィジョンはありますか?
A.聴いた音全てを消化してアウトプット出来ればと考えてます。

visionは音数が少ないけど壮大感や迫力のあるバンドです。
今までの作品はBandcampにて”Times Never Goes On With My Friends,,とFree Download EP、そしてI can’t Leave You Aloneというライブテイクを配信しましたが、今作は盤として出すことですが、

完成度が段違いにちがうというか、すごく勝負に出たような音の違いですね。

かなり決意のある音の変わりようというか、

この1stEPに込めた想いなどやはり今までの作品よりも強かったのではと思うんですが、そのあたり教えてください。

そうですね。この作品を機に自分達の存在を知ってもらって”なんだこのバンド!?”って感じてもらいたかったんでかなり気合い入れてました。

Title FightやTSSFは10代の頃から注目されてて日本でもティーンズが活躍してシーンを上げて行くべきだと思ってたのでこのEPで日本アンダーグラウンドミュージックのティーンズをさらにチェックしてもらえたらなといった想いもあります。

日本でなら口ずさんでしまうようなグッドメロディックなCountry Yardや圧倒的なTHEバンド感と熱量のあるBackdate NovemverやCastaway、

海外ならローカルな強さがあるAt The EdgeやSeason Changeなどの哀愁みたいな繊細さもあるような気がしました。
周りの人は僕らの曲を聴いてメロディックやポップパンクと言ってますし、人にバンドを紹介するときそう言ったジャンルはしっくりくると思います。
でも自分はメロディックやポップパンクシーンに向けてバンドをやってる訳じゃないし常に未来を見据えてバンドをやっているつもりです。

その過程でたまたまポップパンクやメロディックといったジャンルに当てはまる曲をリリースするって感じですかね。(気取って言ったら)
 2曲目UntitledのAメロの後ろのコーラスの乗せ方おもしろいですね。

というかギターすごいキーマンすね。
さっきの通りあの曲はギターのこーすけが持ってきた曲で僕には作れない雰囲気を出せたと思います。

彼はこれからもっと活躍します。
3曲目は再録?この曲に対してなにか特別な思い入れなどあれば教えてください。
この曲はスリーピースとして6年間活動してきた事も忘れずにそれを糧として前に進んでいこうと自分に言い聞かすような曲です。

それと脱退してしまったドラムに向けて別の道で頑張って欲しいといった願いも込めてます。

自分の男臭い部分を絞り出せたと思います。

ラストのsleepはすごい仰ぎたくなるようなエモーショナルな良さがあって、あと聴いてて思ったのが、どの曲にも拭いきれない泥臭さと叙情的な部分があると思うんですけど。
Sleepをラストに持ってくるという構想は曲が完成してからずっと抱いてました。
自分でも聴いてて叙情的になっちゃうくらいエモーショナルです。

正しいと思います。 

全体的に熱量マシマシ且つエモーショナルを意識しました。

これからライブハウスシーン、ポップパンク、メロディックハードコアのシーンならKickAss-Rayはライブバンドとしてこれから絶対要チェックだと、これは名刺代わりには最高の仕上がりだと思います。

今までのKickAss-Rayの集大成であり確かな歩みでもあり。

正直ライブしてる姿が見えました。
ありがとうございます。要チェックお願いします。

この作品やライブが良いと感じたら是非金沢のローカルショウに遊びに来て欲しいです。

きっと外へ外へって活動をしていくバンドが多いと感じてるんですが、金沢という地を大切にしてるんだなと感じてますが、

金沢のシーンは今熱いと言ってましたが、どのようなバンドがシーンを盛り上げてるのか?親交のあるバンドを教えてください。

金沢の先輩友達から色んな音楽やカルチャーを教わったし生活もしやすいですし凄く大切です。
毎週のように会ってるUP TO YOUですかね。他にも色々なバンドを紹介したいですがUP TO YOUです。

KickAss-Rayはど真ん中のバンドになれる力が秘められてると思います。先ほど挙げたCountry yardのようなエモメロの振り幅もCastawayなどどれにせよすごいバンドになれそうですね。今後どのような野望などありますか?
野望は若い力で国内のシーンを作ることです。あと海外で現地のバンドとツアーをしたいです。
まえに私を構成する9枚ってのが流行ってやってましたが、今KickAss-Rayを構成する9枚ならどのような音楽にを並べますか?
①Title Fight – The Last Thing You Forget
Title Fightは今のKickAss-Rayのサウンドになるのに1番影響受けました。

歌い方や曲感だったり。

ちなみに僕はNedとも言われています。
②The Story So Far – While You Were 

Sleeping
現行ポップパンク感ありつつもまだ青臭さがある1枚ですね。

未完成の素晴らしさが表現されてる作品だと思います。
③After Tonight – The Lenses
聴き散らかしました。
④Adventures – Supersonic Home
メロディーや歌い方もそうですが、リリックで大きく影響受けてます。

ハードコアしてる人のサブプロジェクトでメロディーあるバンドって最高ですよね。
⑤Handguns – Life Lessons
“メロディックとポップパンクの間”

は個人的にはHandgunsです。

新しい方も好きなんですけどやっぱりこっちですね。
⑥Kingdom Hearts 2 – Soundtrack
キングダムハーツというゲームのサントラなんですが、キングダムハーツ2を小学生の時にプレイして以来サントラが好きすぎてずっと聴いてます。

感情全てを音で表現している素晴らしい作品です。
⑦Bruno Mars – Doo-Wops & Hooligans
中学の時学校で洋楽がブームになったときに1番最初にハマったアルバムです。

とにかくこの人は天才です。

このアルバムはザ・USポップスといったアルバムで今はファンク色が強めですがこの作品は最高のメロディーが詰まってますね。
⑧RUDDERLESS – Soundtrack
これもまたサントラなんですが、日本語タイトル”君が生きた証”という映画を高校生のときに見たんです。

その映画はRudderlessというバンドがローカルバーでライブしていくんですが、実際に役者さんが演奏されててしかも楽曲がどれも最高なんですよね。

映画の世界感と曲を結びつけるイメージはここから持てるようになりました。
⑨テレサテン – ベスト+ベスト
これは同世代で知ってる人あんまりいないと思います。

テレサテンは父が好きで僕も小さいころから聴いてて親戚の集まりでは5歳の頃からずっと”つぐない”という歌を歌わされてます。

みなさん是非 Hold Water EPチェックしてみて下さい!

お願いします!