She,in the haze/ mama said



01. Stars

02. Mama said

03. Freezing

04. Behind

05. Claudia

06. Teddy


1st mini album「Mama said」全国リリースということで今の気持ちはどのようなものでしょうか?



これを機会に少しでも多くの人にShe,in the hazeの存在を知ってもらうと共に、こういった音楽のアプローチもあるんだと感じて欲しいと思っています。

メンバーが EBデザイナー・レコーディングエンジニア・グラフィックデザイナーである ため、楽曲制作、レコーディング、 EBデザイン、制作、オリジナルブランドデザイン、ジャケットデザイン、衣装演出等全てを自ら行うというかなりDIYな活動のなかで過去に音源2枚を発表。アメリカのD Fhoegazeadio、洋楽サイト Frompop2top、ドイツの adio Diabolus などで楽曲放送。すごすぎますね笑


She,in the hazeを始めるにあたり、She,in the hazeというバンドというものに対して当初どのようなビジョンがありましたか?



基本的に結成当初と現在では、ビジョンやコンセプトに大きな変化はありません。

楽曲の世界観やバンドのコンセプトを壊さない為、出来る事は全て自分たちで行うようにしています。

また、発信する場所を国内にとどめてはいなかった為、海外のラジオなどに取り上げていただいた事はとても嬉しく思っています。


She,in the hazeと名付けたこのバンド名の由来や想いを教えください。

どちらかというと、僕らの楽曲は感情の「陰」の部分を表現しているものが多いです。

そういった意味で、靄の中でさまよう雰囲気を表したくShe,in the hazeというバンド名にしました。

資料拝見させてもらいましたがメジャー・インディーズ関係なくかなりの数のレーベルからオファーがあったようですが、自主レーベルSITH Recordsと国内外問わずジャンルレスで良質のバンドをリリースするMaxtream Recordsから共同リリースとなるのはすごく興味深いのですが。



SITH Recordsを立ち上げたのは、自分たちの力でできるだけやってみたいという思いからです。

また、共同リリースとなるMaxtream Recordsに関しては、『本当にいい音楽を発信する』というレーベルコンセプトに惹かれた部分がありました。

共に活動していく中でどうしたら現状のShe,in the hazeの魅力をより多くの人に伝えられるか、という点において同じ方向を見れた事もあり、今回共同でリリースという形に至りました。 


リリースするにあたりSNSでは大きな反響がありましたね。

販売予定数を完売し未購入者から惜しまれながら生産中止となり、今作は今までリリースした作品に比べると

She,in the hazeの中で変化などありましたか?

そしてこの作品はShe,in the hazeにとってどのような存在になるとお考えでしょうか?

今回の作品については、She,in the hazeというバンドはどういったものなのか、それが1枚で分かるような作品になっています。

環境の変化や年齢によって考え方や生き方はその都度変わる中で、現状のShe,in the hazeの色がこの一枚に集約されていますので、その部分を感じていただければと思っています。


メンバー自ら制作したリリックビデオもどこか心に引っかかるというか、そういう感触を与えてくれるものだと僕は思いましたが、
この1枚を通してMama saidはどういったコンセプトがありますか?
そしてどのようにしてこの作品は生み出されたのか?具体的な作曲プロセスなどあれば教えてください。




作曲のプロセスについてはどの楽曲も同じなのですが、まずは物語を作っていきます。

主人公をつくり、その主人公がどのような境遇で、どのような感情を抱いているのか。そして、そこにはどんなBGMが鳴っているのかを考えます。

そのBGMを楽曲にしていくので、頭の中で描いた映画に、音をつけるという作業ですね。サントラを作る事に近いと思います。

楽曲それぞれに異なった物語を置いている為、1枚を通したコンセプトというのは特にないですが、基本的に人間の汚さ、理不尽さ、純粋がゆえの弱さを表現しているところは共通しているような気はします。


エレクトロとバンドサウンドの融合は近年の日本ではそう目新しさは感じませんが、She,in the hazeは北欧ポップのメランコリックあの世界観とシューゲイザーやアンビエントの余韻の味付けすごい独特感があって、なかなか国内、国外でも貴重な音を鳴らす印象を受けました。

これらが語るような事実がルーツにはあったりしますか?



シューゲイザーやアンビエントの音楽をルーツにしていない為、そのような要素を狙っていたりとかはないです。

特にジャンルにはとらわれず、とにかく、この物語の情景や感情にはどんな音が鳴っているのかという部分を忠実に再現する事を意識しているので、結果独特なサウンドになっているのではと思います。

「映像のある音楽を、幻想的な世界観を」この文章はVo/Gtのyu-kiさんが書いてましたが

僕はMewを強くイメージしたりしました。She,in the hazeが目指す音を具体的に描写が可能ならば語ってもらえますか?



映像のない映画というのが一番近いかと思います。

音だけで、聴いた人がそれぞれに頭の中に映像が浮かべば、それがバンドの理想的な形かと。 

She,in the hazeの、こういった音楽のクリエイティブな質は形態上というか形式的にバンドというよりはチーム、プロジェクト的なニュアンスで成り立つと場合が多いとも思いますが、、、自分たちではどういった形態形式に近いと思いますか?



どのような形式に近いかは分かりませんが、演者である僕らは、楽曲を引き立たせる為の裏方だと思っています。

主役である楽曲をいかに生かすか、その為に自分たちがすべき事をやっていくというスタンスです。


個人的には今後のShe,in the hazeのサウンドはエモーショナルさからはエクスペリメンタルロックの良さがつよくなっていくかもと、おもったりします。あとポストロックの構成力も付きそうとおもったり、これからどのような世界に持っていきたいとかはありますか?



表現したい物語によって音が変わっていくので、特に今後こうしていきたいというのは現状ないです。

ある意味、統一性や形容するジャンルがないのがShe,in the hazeらしさな気がします

自主レーベルならびに音源以外のカルチャーからの支持も絶大的なもので、ファッションショーや写真展などの音楽協力なども行っているようですが、1st mini album「Mama said」全国リリース後、今後の展開など教えてください。

 She,in the hazeのCDを手にする環境が増える事もあり、少しでも沢山の地域に行き、生のサウンドや世界観を感じてほしいと思っています。

また、音楽だけにとらわれず共通した世界観を持つ作品など、多方面で関わっていければとも思っています。

このインタビューを読んでる皆さまにメッセージをお願いします。



少し変わった音楽になりますが、非日常を楽しんでいただける作品になっていると思います。

また、その非日常の中にも、日常の自分自身に精通する部分があるかもしれません。

そんな意外性も同時に楽しんでいただければとても嬉しく思います。

よろしくお願いします。

広告

RAPTOR /DREAM IS OVER

#1. Cold

#2. Supernova

#3. Fincher

#4. Don’t Wait

#5. Ammunition

#6. Milestone



新潟からの新鋭RAPTOR!

デモを公開しただけであまり情報が少ないバンドだったイメージがありましたがSNSで1st Mini Albumリリース発表の反響を多く思えました、実際この作品はこの曲たちをリリースに至るまで、今までのRAPTORに質問したいのですが、


現GIVE LIFE、ex-SOUNDS GOODの大越裕太がヴォーカル&ギターを担当し、ex-STOOK STOREの渡辺和磨がギター、現PROMPTSの坂本恵介がベース、アメリカ出身のTom Grathwolがドラムを担当し結成されたようですが、このRAPTORというバンドでどんな音を目指して始まりましたか?

そしてバンドの始まりを教えてください。




10年近く同じ新潟のシーンで活動していた大越と渡邉が

「趣味でゆるいバンドやりたいね」

くらいのテンションでRAPTORは始まりました。

最初は大越がベースボーカル、渡邉がギター、ドラムはサポートをお願いしてやっていたのですが、

そこに前から友達だったトムを誘ってしばらく3ピースで活動し、

東京でPROMPTSをやってた坂本が新潟に帰ってくるとの噂を聞きつけてすぐに拉致監禁したのちマインドコントロールしてベースとして加入させました。
具体的に目指している音楽性、というものは始めから定義したことがありません。

このメンバーでPARTORという4ピースにはどんなフィーリングを望んだり、生まれたりしましたか?



もともと大越がギタリストだったこともあり、ツインギターでギターの広がりを出したかったことと、強固なリズム隊を作り上げたかった事などが挙げられます。

坂本のベースの腕前やステージ映えに関しては昔から知っていたので、まぁ間違いないだろうなと。

RAPTORこの名前の由来は?



率直に言うと、響きと字面が良かったからです。今になって必死に後付けの理由を考えています。

COUNTRY YARD、ATATA、bachoとの共演、TURNOVER、A LOSS FOR WORDSなどの来日バンドのサポートアクトなどと共に本格的なツアーを開始し始めましたが、2014年3月にcosmicnoteより発売V/A「cosmicnote10」に参加され2015年10月には2曲入りデモを発表、満を時しリリースされる今作2016年09月14日、「Dream Is Over」をリリースということで、今作に対して込めた想いや、おおまかなビジョンはどのようなものでしたか?
製作期間はどのくらいかかったのでしょうか?




制作期間は半年くらいでしょうか。

“いつ頃までにリリース”というような制約がなかったのでのんびりやっていたのですが、レーベルオーナーであるGRANDSIDEケイさんが「はよ出せ」と痺れを切らし、

そこからは鬼コーチの指導のもと、スムーズにリリースまでたどり着きました。
作品に込めた想いは説明した途端に野暮ったくなってしまいそうなのですが、簡潔に言わせて頂くとタイトル通り「夢は終わった」という事です。

もう少し踏み込むと、夢が終わったと一口に言ってもその後にはなにかしら必ず続きがあるよ、といった所です。

公式ツイッターアカウントにて、カウントともに発表したジャケットのアートワークがすごく印象的ですよね


たしかにアルバムタイトルは「夢の終わり」”DREAM IS OVER,,と名付けましたが、収録楽曲にテーマや世界観というか、ストーリーだったりそういったものから導かれたような内容なのでしょうか?



例えばコンセプトアルバムを作る時は「このコンセプトを表現するためにこういう曲を集めよう」となると思うのですが今作はそれの全く逆で「この曲たちが集まるとどうやらこういうコンセプトになるらしい」という閃きからです。


歌メロも流動感から爽快さすらあって

USインディーロックからの濃さが強く出たフレーズなど煌めきすら感じる王道感あるエモの曲展開みたいなものが随所に見られるなと思いました。

そして速いわけではなくメロディックポップパンクシーンにも通じるような

どの曲も絶妙なバランスがありますね。

ドラマティックに始まる一曲目からラストまで駆け抜けるDream is Over、

この曲が出来てこのアルバムにこのバンドの方向が決まったという曲はありますか?

収録楽曲解説などお願い致します。

今回のリード曲である”Cold,,と”Supernova,,は大越が骨組み、渡邉が色付けと、メインのソングライターである2人の今まで培ってきた土壌がうまく融合した楽曲であり、RAPTORのスタンダードな形だと思います。
tr3の”Fincher,,はこのアルバムの中で浮いてしまわないかな?という懸念があったのですが、通して聴いてみるとうまく馴染みながら良い意味で異彩を放っていてこれからの方向性を示唆する楽曲だなと感じました。


半年の製作期間の中で印象に残ったエピソードなどあれば教えてください。

カズマのフレーズに対する偏執とも言えるこだわりぶりには度肝を抜かれました。

他のメンバーのレコーディング中もずっとgaragebandとにらめっこでフレーズを推敲し続けたり、遠征先で打ち上げにも参加せず機材車の中でずっとDTMに勤しんでいて、狂気すら感じることがあります。

昔からカズマを知っている人間じゃないと引くと思いますが、サウンドの要を担っているので優しく見守っています。

僕ははじめて知ったときは不思議と新潟というよりは東京のライブハウスシーンにいるのかなと思いました。

新潟というシーンでは今どのように盛り上がりを見せ、オススメできるバンドはどんなバンドがいますか?


所謂ギターロック、ハードコア、ラウドミュージックでは積極的に外へ発信したり、全国でも最前線をいくバンドもいたりするのですが、ことポップパンクというジャンルに限っていえば、まだ県内メインの活動で県外の方の目に触れる事はあまりないかもしれません。

Homecomin’やForgive And Forgetなんかは最近外へ向けて精力的に活動していますね。

今に始まった話ではありませんが、学生生活を終えても続けるか、続けないかが若い子たちのターニングポイントのように思います。


所属レーベルであるGRANDSIDEから全国流通、趣味でゆるくやろうというスタンスでは考えれないほど前進しているように思えます。ツアーはもちろんのこと今後RAPTORはどのようなバンドになっていけたらとかビジョンはありますか?

今回は運良く周りの方々の協力でうまく前進を開始することが出来ました。

あとはとにかく長く続けていきたいです。

メンバーの自己実現の場、というよりは前進を始めたRAPTORというひとつのヴィークルを四人で操縦しながら進むべき道を探していきたいですね。

PARTORを形成する上の9枚などご紹介してもらえれば嬉しいです

The Beatles/Martha My Dear

Bloodthirsty Butchers/デストロイヤー

NUMBER GIRL/鉄風鋭くなって

Country Yard/I Will Take You Everywhere

Transit/Skipping Stone

THA BLUE HERB/この夜だけは

GOING STEADY/Friends

マシリト/カリメア

Turnover/New Scream


リーダー兼ギターボーカルの大越さんからのRAPTOR形成する上の9曲すごく参考になりました。ではメンバー皆さんのルーツやバックグラウンドはどのようなものでしょう??




それぞれ音楽をはじめたきっかけは他にありますが、弦楽器3人はハイスタを共通言語としていて、アメリカで育ったトムはもちろんメロコアという言葉すら知らず、レディオヘッドを崇拝しています。

RAPTORに加入してはじめて2ビートを叩いたと言っていました。

坂本の得意分野はダウンチューニングのメタルコアです。

トムはTame Imparaみたいなサイケやローファイなインディーロックも好きです。

カズマはつい最近「ユーミンやばいっすよね」と話していました。


DREAM IS OVERをリスナーにどのようなことを感じていただきたいですか?




種も仕掛けも伏線もない作品なので、何度か聴いて湧き出た閃きをそのまま受け入れてほしいですね。

歌詞もあまり一語一句言葉尻を捉えず、「木を見ず森を見る」感覚で楽しんで頂きたいです。

なにか閃きがあれば冥利に尽きます。


このインタビューを読んでる皆様にメッセージをお願い致します。



この項まで辿り着いたということは少しでも僕たちに興味を示してくれているということでしょうか?


今回初めての全国流通という事で様々なお店やネット通販などでCDを手に取ってもらえるようになりました。

収録曲のMVなんかもあるので、なにかアンテナに引っかかるところがあればツアーにも足を運んでもらえると嬉しいです。