We Are The Champion$/WHAT I NEED

  

  1. WATC$
  2. RUSH
  3. BASEMENT
  4. SHINING BRIGHT
  5. BLANK SLATE
  6. BLUE LIGHT
  7. AMERICAN PIE
  8. LIFE SIZE
  9. INSECT CAGE
  10.  FAREWELLS
  11.  BE PROUD OF YOURSELF

PUNK SAVE THE EARTH[Disc Review]
&

PUNK SAVE THE EARTH[interview]

ユウタクンのことからWE ARE THE CHAMPION$、ポップパンクシーン、聴きたいことたくさんあります!1人でも届きますようにインタビュー残させていただきます!


そのまえに、AMERICAN PIEってあの外国のドラマから??

まさにアメリカの映画からとりました。

童貞を捨てたい高校生の青春コメディ?なのですが、内容もとてもピュアでちょっと下品で。余り公にはしたくないですが、重なる部分が多かったりして大好きな映画です。笑
blink182が出演したり、劇中にもBLINK182,NEW FOUND GLORY,FENIX TXなんかの曲が使われてたり。

1999年あたりからシリーズ化した映画なので、それこそ僕が大好きな00年代のPOPPUNKがたくさん使われていて、映画もヒットしているし、その時代のPOPPUNKがどれだけ多くの人に支持されてたのも頷けるなと。
映画の内容もそういうバンド達の歌詞になりそうなイメージで、僕たちのアルバムを作る中では、この曲や歌詞ができた時点でもうタイトルはこれだ。ってなりました!
AMERICAN PIEはオマージュたっぷりにWATCから00年代への愛を込めた曲です。

あのサウンドトラック何作か出てますがスゴく濃厚な作品ですよね!

そうですよね!

あの時代のいいとこ取りなコンピですよね。

ではWATC、ユウタ君の自己紹介お願いいたします!

WE ARE THE CHAMPION$でギターと歌を担当していますユウタです。
WE ARE THE CHAMPION$は元々Voユウト、Gtケイスケ、元Baのリョウが高校の時に組んでいた前身バンドの流れで始まって、

そこに現SAY HELLO TO SUMSHINEの拓也が入って。

その後に前のバンドが活休したタイミングで自分が入りました。

デモをSTANDTALL RECORDSの長さんに聴いて頂いて「間違いないな」って笑

そこからライブも開始していって、デモ、EPリリース、ツアーを経て今WHAT I NEEDをリリースしました。

自分自身、バンドをやりたいなと思ったのがNEW FOUND GLORYだったりblink182だったりの音を聞いてからでした。

ただリスナーとしてバンドサウンドに初めて触れたのはlimp bizkitだったり、マリリンマンソンなんですよね笑 

意外と言われることが多いですが、、

なのでルーツと言われるとその部分ももしかしたら、あるのかもしれません。

長島さんはもう古いお付き合いなんですね!

バンドサウンドをはいったのはリンプビズキットやマリリンマリリンなんですか!たしかに意外ですね。

僕はWill You Remenberでもプレイしてるユウタ君を観たことがあります!

最近じゃHOLLOW SUNSのベースもしてらっしゃっているんですか??
バンド自体が大好きなんです!

いろんな曲もやってみたいし。

できれば毎日ライブもしたいです笑
WYRは最初サポートで何回か弾いていて、前任が辞めるタイミングで正式に加入しました。

大好きなバンドだったので続いて欲しかったし、力になれるのならと。
HOLLOW SUNSもギターのBONESさんに誘われて、サポートでベースをさせて頂いています。

めっちゃかっこよくて弾けて幸せですね。ここからライブもたくさんしていくのでチェックよろしくお願いします!


根っからのバンドマンなんですね!ユウタ君はWATCでもボーカルを務める部分がありますね。僕はユウタ君の声好きです。


あー嬉しいです。

自分の声変わってるってよく言われるし、あんまり好きじゃないんですよね笑

そう言われると嬉しいです!

 SHTSのGtのケンスケさんはWATCでもGtをつとめたり、CastawayのSotaさんはSHTSのGtをつとめて、Castawayのtatsuru君はユウタ君がbaでサポートしているHOLLOW SUNSで活躍したり、WATC、Castaway、SHTSの絆は強いなぁ、と僕は東を見ていていつも思います。

やはり特別な仲間意識などはあまりますか?


特別な意識はあります。

ただやっぱり1番近いライバルですね。活躍を見ると心から祝う気持ちと悔しい部分が互いにあるし。

自分から見たら他の2バンドは本当にかっこいいと思いますし、他の2バンドもそう思っていると思います。

近くに尊敬できるバンドがいて本当に幸せですよ!

”In The Dreams Of Our Youth Forever,,のEPはWATCの知名度、実力をシーンに叩き出したことに成功した作品だと思います。

”What I Need,,を出した現在In The Dreams Of Our Youth ForeverのEP振り返ってみてほしいんですが、In The Dreams Of Our Youth ForeverのEPらもう少しヘヴィーでガッツリブレイクダウンや2ステップ入れて、ハードコアとポップパンクを組み合わせたを入れたりのイージーコアな作品がIn The Dreams Of Our Youth ForeverのEPだったように思います。

今作はもっとメロディックなポップパンクになったと思いますが、WHAT I NEEDを作るときコンセプトなものはありましたか

ITDOUYFはとくに大きなコンセプトが、あったわけじゃなくてあの時点での自分たちのベストです。なんかあるとすれば、インパクトだけってくらい笑

なんでもありでTIGERSみたいな曲もあれば、WEARE,ANOTHER DAY WITHOUT YOUみたいな聞かせたい曲も。

ハードコア的な要素が多くなったのも自然に。

なんでもありなEPになったからこそお客さんにもWATCはなんでもできるなってイメージはつけて貰えたしよかったです。

ピットでも暴れられるし、一緒に歌うこともできるし。

今聞いてもその時の自分たちの最高値な気がします。

今作ですが、間にシングルで2曲作ったんです。

その中でBLANKSLATEは割と現行を意識した曲で、INSECT CAGEは懐かしい雰囲気の曲を作りたいって始めて。

そこで、INSECT CAGEができた時にメンバーみんなで絶賛だったんですよね。笑

この曲は自分が作ったのですが、デモの時点でメンバーに渡した時の曲名は

「00年の落し物」

でした。
そっからですね、フルアルバムではWATCとしてメンバー全員がルーツの原点になる00年代のPOPPUNKに向き合った作品をつくりたいと思ったのは。ルーツの1番深い所に向かいあいつつ、各個人の今の感性だったりも混ざったアルバムを作れました。
これが”WHAT I NEED,,です。
今の自分たちが欲しかったもの。


個人的な部分を少々、BLANKSLATE 、FAREWELLSのような曲が、やっぱり好きなラインなんですよね。

僕はDrive-Thruのあの頃が今現在のバンドにあるとしたら、WHAT I NEED、このアルバムになるだろうと思いました。僕はですよ!


今の自分たちが欲しかったもの、今作り上げたこと、改めておめでとうございます。

ありがとうございます!

確かにそんな感覚で聞いていただけたらとても嬉しいです。

自分たちが今、その当時の音楽を聞いて

「良い物はいつまでも良い」

って思うように

このアルバムもいつまでも良いものであり続けて欲しいです!

WATCの曲作りについてもお聞きしたいですが、ユウタクンが曲を作ったり、他のメンバーが作ったりとバラバラですか?
曲作りに関してはまちまちですが、

今作に関しては元ネタはすべて自分がやりました。そこにギターのケイスケが味付けをして。

普段も僕かケイスケが元ネタをもってきて作る形です。

メロディーはボーカルのユウトと2人で考えています!
みんな互いのセンスをすごく信用しているというか、もってないものを持っているので。

ギターで行ったら、ケイスケのギターの技量には到底追いつけないし笑、

ユウトも自分が考え付かないメロディーを持ってくるし。
だからかわからないのですが、曲作りは失敗することがあんまりないんですよ!

ボツ曲も今まであんまりなかったです。

ユウタクンすごいっすね!


新録のだけなので笑


ユウタクンから見てメンバーがインスパイアされてるバンドってどのようなバンドか教えてください。

そして、メンバーが共通して好きなバンド、好きなアルバムといえばなんでしょうか?
ケイスケはフィンチ、フューネラル、デフトーンズとか好きみたいです。あとはノイズとかシューゲイザーみたいのも

ユウトはバンドじゃないんですが、昭和歌謡とか昔のJPOPとか、

新メンバーの2人もメタルから最近の日本のロックだったり幅広いですね。
共通してというと難しいですね、、笑

話の種とかになりやすいことで言うと、NFGのSTICKS 〜な気がします!

このアルバムを作るときユウタクンはよく聴いてたCDを教えてください!

FENIX TX -Lechuza

LOWER THAN ATLANTIS-LOWER THAN ATLANTIS

SUM41-ALL KILLER NO FILLER

AKB48-神曲たち


YOU ME AT SIX-TAKE OFF YOUR COLORS

ですかね。

とくにFENIX TXは毎日欠かさず今も聞いてます。理由がわからないんですけどスッと入ってくるんですよね。

現在のポップパンクシーンは間違いなく盛り上がりを見せています。WATCはシーンの最先端を背負い駆け抜けてるバンドだと思います。

ユウタクンが見て日本のポップパンクシーンを共に盛り上げたいと思ってるバンドを教えてください。
今回アルバムをつくるにあたり、STRの企画で全国のポップパンクシーンのバンドを収録しています。そのバンドさん達全部そう思っていますよ。入ってないバンドも。

  
http://standtallrecords.bandcamp.com/album/cheers

castawayだったり近い存在のバンドもまだお目にかかれてないバンドもいますが、、

ただでさえ小さなシーンだからみんなが出しゃばって俺らがポップパンクだどーだ!みたいな感じでいいんだと思います。

うまくいえない、、

皆んなで大きくしたいです!

僕達はたくさんの人に知ってもらいたいから、曲もたくさん作って、シーン関係なしにポップパンクバンドとしてライブをしてきました。そしたら、フックアップしてもらって。

難しいのかもだけど、やらなきゃ始まらないから。どの、バンドもできることをやれば自然と広がっていくと思います。

えらそうかな、、笑
今まわってるツアーも各地の仲間のバンドが企画をしてくれていたりして、僕達も何か恩返しじゃないけどして行けたらいいです。

かなりのロングランなツアーですね。小さなシーンかもしれませんが、僕は楽しみです。ではなんかもう最後なんですけど笑

このインタビューを読んでる皆様にメッセージをお願いします!


今回の様なインタビューは初めてだったので変なこといってないかめっちゃ不安ですが、少しでもWE ARE THE CHAMPION$だったり、POPPUNKが引っかかったらライブに遊びに来てください!

10月まで全国まわりますので、どこかで会えるの楽しみにしています!